印刷版   

欧州は5千年来最も深刻な異常気象に直面した

 【大紀元日本3月4日】欧州EPA(Environmental Protection Agency)は昨年11月、「地球温暖化により、欧州が5千年来最も深刻な気象変化に直面している」と警告した。「調査記録によると、欧州が最も熱かったのは1998年、2002年、2003年、2004年の4年である」という。

 報告によれば、「10%のアルプス氷河が2003年の夏季に消滅した。このスピードでいくと、スイス氷河の4分の1は2050年までに溶解する恐れがある。この5000年間、欧州には、このような規模の気象変化はなかった。」

 欧州EPA本部がコペンハーゲンにおいてこの報告を発表する際、国際連合も温室化気体の排出量を減らす問題について討論した。

 石炭と石油による燃料で、20世紀において地球の平均温度は0・7度上昇した。

 欧州の場合は地理的位置と狭い陸地面積のため、平均温度が0・95度上昇し、35%高かった。

 欧州EPA所長であるマグレー氏は「数十年以内で対策措置を取らないと、全地球温暖化は北部に氷層溶解の影響をもたらすと共に、南部の砂漠範囲も大きく広がるので、欧州人口は中央地域に集中する恐れがある」と言った。EUは温室気体の排出量を規定する京都議定書の履行を強く主張し、クリーンエネルギーを使用することで、全地球の温度上昇を2度に制限できるように呼びかけた。

 これに対してマグレー氏は「たとえ地球温暖化の制限を国際連合の目標に達することができても、あるいは平均上昇温度を2度に保ったとしても、私たち人類は未曾有の気象変化に直面するに違いない。排出量の減少は、今や最もやるべきことなのだ」と述べた。

 (06/03/04 08:27)  





■関連文章
  • 鳥インフルエンザ、アジアと欧州で蔓延、インドで人感染死(06/02/21)
  • 鳥インフルエンザ、欧州やインド、イランに拡散(06/02/20)
  • 米国務省:インターネット言論の自由を重視、特別チームを設立(06/02/17)
  • イタリア、野生白鳥よりH5N1ウイルスを検出、EU初症例(06/02/13)
  • 2月19日=ハンストにて中共の迫害に抗議、中国大陸人権活動家たちを応援  中共脱党者800万(06/02/11)
  • EU・中国外相会談、中共の「市場経済地位」認定ならず(06/02/06)
  • 政府、NATOとの連携を強化、対中武器禁輸解除をEUに間接圧力(06/02/02)
  • イラク:鳥インフルエンザ感染、初の死者を確認(06/02/02)
  • 欧州委員会デンマーク議員団代表、「共産専制譴責決議案」を提出(06/02/01)
  • 欧州委員会、共産独裁体制譴責の決議案を可決(06/01/31)
  • 中国、鳥インフルエンザ感染例32件(昨年)、当局発表(06/01/19)
  • 欧州議員理事会:共産体制の犯罪に関する報告書を通過(05/12/29)
  • 米国:EUが対中武器輸出禁止を重視すべき(05/12/29)
  • イラン、欧州側と核開発問題協議を再開(05/12/22)
  • 国際選挙監視団、カザフスタン大統領選挙に異議(05/12/07)