印刷版   

(大紀元)

「チャングム」から学ぶ食事の健康法

 【大紀元日本3月14日】韓国の人気ドラマ・『チャングムの誓い』の中には、たくさんの健康に良い食事の作り方や食べ方の知識が紹介されました。これらの知識がすべて正しいとは言えませんが、その多くは伝統医学の理論に合致しています。ドラマを通して、伝統文化に触れるとともに、食の健康法についても、大いに学びたいものです。ここでいくつかの例を挙げてみましょう。

 1 体質の状況に合わせた食事をする

 チャングムは、師匠のハン尚宮が、喉が痛いと聞いて、少し塩を入れたお湯を差し上げました。塩は寒性のもので、清熱、解毒の効果があり、咽喉の炎症を抑えることができます。調味料の使い方一つが、良薬に変りました。

 漢方医学の理論では、すべての食材に寒、涼、温、熱の性質があるので、その性質を正しく生かせば、身体の健康を促進する効果がありますが、間違えれば、悪い影響も表われます。健康のために、体質の状況に合わせて、食材を上手に調理しましょう。

 2 食材間の相性に留意する

 不眠を患う皇太子に漢方薬のニクズクと冬虫夏草や朝鮮人参を一緒に与えたら、筋肉麻痺の症状が起きたシーンがありました。少しおおげさな話ですが、確かに食材と薬の間に相性があります。例えば、大根と朝鮮人参を一緒に食べると、朝鮮人参の薬効が弱くなります。朝鮮人参と長芋を一緒に食べると、朝鮮人参の薬効が増強されます。また、お粥とかぜの漢方薬を一緒に飲むと、かぜ薬の効果が増強されますが、かぜの漢方薬とラーメンを一緒に食べると、かぜ薬の効果が弱くなります。

 3 偏った食事は禁物

 ドラマの中では、皇太后は好き嫌いが強く、自分の病気に予防と治療の効果がある食物はすべて食べたくありません。他の人は皇太后の好き嫌いに合わせて食事を用意しましたが、チャングムは皇太后の健康を配慮して、敢えて皇太后が嫌いな食材を使って、美味しく食べられるように、巧みに料理して皇太后に食べさせました。

  身体には、多種多様の栄養成分が必要なので、好き嫌いで、偏った食事をすることは、健康に良くないことを常に考えておくと良いでしょう。

 
(文・文子 )


 (06/03/14 07:00)  





■関連文章
  • 北朝鮮の学校:金正日総書記の肖像のみを飾る(06/03/13)
  • 元北京大学教授・焦国標氏が説く「日・台・韓の道」(06/03/11)
  • 北朝鮮美女応援団21人、帰国後に投獄(06/03/02)
  • 迫害に反対するハンスト・リレーのタスキが韓国に、民衆が声援(06/03/01)
  • 米政府、韓国で押収した偽ドル札、北朝鮮製と断定(06/02/24)
  • 北朝鮮、対中貿易赤字4倍増(06/02/20)
  • 伝統文化:寛容と我慢(06/02/18)
  • 第二次南北トップ会談、今年中に実現か(06/02/17)
  • 韓国:全世界華人新年特別公演、中共の妨害を乗り越え上演(06/02/14)
  • 日中政府、外務事務次官級会談を継続(06/02/12)
  • 韓国:中共の圧力が海外に、新唐人新年祝賀祭公演、取り消される(06/02/08)
  • 日韓財務相、「外貨スワップ協定」に合意(06/02/08)
  • 日韓の民銀、「マカオ匯業銀行」との提携業務を中止(06/02/06)
  • 韓国が憂慮、北朝鮮が中国の東北第四省に(06/02/05)
  • 南北朝鮮将軍級会談、2月下旬から3月初旬に開催(06/02/05)