中共衛生部長、欧州会議で四面楚歌

2006/05/04 13:18
 【大紀元日本5月4日】中共衛生部長・高強氏が先月末、ウィーンで開かれた欧州共同体の衛生大臣会議に参加した際、記者会見中に中国での法輪功学習者に対する臓器不法搾取について質問され、答えに窮した。更に、台湾が世界健康組織(WHO)に加入する試みについてコメントを求められ、質問に困惑していた様子だった。

 フィナンシャル・タイムズ4月27日の観察報道によると、最近では、米国大統領官邸前での胡錦涛総書記に対する抗議事件のように、中共官僚が海外に出国する際、人権問題の抗議に必ず遭遇するという。中共衛生部長のウィーンでのできごとはその一つの例だ。

 このほど、中国大陸では、生存中の法輪功学習者から臓器を不正摘出、売買する事案が発生、中共当局の非道について海外から非難の声が挙がっている。4月20日ホワイトハウスの歓迎式典での抗議事件以来、欧米の主要メディアがこの話題を取り上げ、民衆の間に大きな反応を呼んでいる。摘出される臓器は腎臓、肝臓を始め、肺、心臓、角膜等、多岐に渡っており、死刑囚からの摘出も問題視され始めている。

関連記事
注目記事
^