印刷版   

中国、不動産業界への外国投資抑制で新規制を発表の可能性

  中国は早ければ月内にも、不動産セクターへの投機的な資金流入を抑制するため、外国からの投資に対する新たな規制を発表する可能性がある。政府当局者が12日、ロイターに明らかにした。

 これによると、新たな規制は税や管理面での措置になるもようで、建設省と税務当局、外為管理当局から発表される可能性があるという。

 ある業界関係者は匿名を条件に、新規制は主に不動産市場での外国投資や外国企業による買収・合併をターゲットとするものの、自己利用目的での不動産購入には適用されない見通しだと語った。詳細は明にしなかった。

[ロイター12日=北京]

 (06/06/12 18:38)  





■関連文章
  • インド:中産階級年間1000万人増加、消費力の驚異的な増大(06/03/13)
  • カナダ議会、外国投資法を改正、中国の投資活動に歯止め(05/06/28)