印刷版   

6月19日、安倍官房長官は北朝鮮がミサイルを発射した場合に日米で厳しい対応を取る考えを示した。写真は05年10月に平壌で撮影(2006年 ロイター/Lee Jae-Won)

北朝鮮ミサイル発射なら日米で厳しく対応=官房長官

 安倍官房長官は19日午前の定例会見で、北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射した場合、日米で協調し厳しい対応を取る考えを示した。ただ、現段階で具体的な制裁の内容などは明らかにしていない。

 安倍官房長官は、北朝鮮のミサイル発射準備に関する報道について「情報収集、分析しているが、個々の具体的な内容はインテリジェンスにかかわることなのでコメントは控える」とした。ただ「今後も日米間で情報交換し、協調して対応することになる」とし「北朝鮮がミサイルを発射すれば(米国と)協調し、厳しい対応をとることになる」と述べた。

 また、日本独自の制裁については「対応できるよう(改正外為法などの)法案がすでに整備されているので、これらを念頭に置きながら、発射なら厳しい対応をとる」と強調。そのうえで「日本も北朝鮮に外交ルートを通じて警告を発している」とし、「北朝鮮が国際社会から受け入れられるよう行動してほしい」と自制を求めた。

 日本政府は16日、中国を通じてミサイルを発射しないよう警告した。安倍官房長官は17日、シーファー米駐日大使と意見交換したという。安倍官房長官は、北朝鮮がミサイルを発射すれば「国際社会の厳しい批判を招き、(自らを)孤立させるだけだ」とし、「得るべき利益は何もない」と指摘。今後は、ミサイル関連活動の中止を求めるとともに、米国とは北朝鮮の6カ国協議復帰を求めていくことを確認した。ただ、日本などからの警告に対し、北朝鮮からの反応はないという。

 安倍官房長官は19日午前、麻生外相や額賀防衛庁長官と会談し、自衛隊のイラク派遣のあり方や北朝鮮情勢について意見交換した。このうち北朝鮮関連問題については、政府内で連携を強化するほか、米国と緊密に連携をとりつつ協調して対応する方針を確認した。

 [ロイター6月19日=東京]

 (06/06/19 12:58)  





■関連文章
  • 石川製作所株が大幅高、テポドン発射観測から連想買い(06/06/19)
  • 北朝鮮がミサイルに燃料充てんした公算=米政府当局者(06/06/19)
  • 日米、「テポドン2号」発射中止を要求、経済制裁、安保理開催も(06/06/19)
  • 北朝鮮、長距離ミサイルへの燃料注入の可能性=聯合ニュース(06/06/18)
  • 北朝鮮が今週末にもミサイル発射実験を行う可能性=米政府当局者(06/06/16)
  • 米財務省:イラン大量破壊兵器の支援企業4社に経済制裁(06/06/15)
  • キム・テホ教授、「北朝鮮の閉鎖性が中国の半島影響力を制限」(06/06/15)
  • ミサイル発射が差し迫っているとの認識ない=テポドン報道で官房長官(06/06/13)
  • 米韓両国、北朝鮮ミサイル発射を警戒(06/06/09)
  • 北朝鮮が金英男さんの所在確認、母親との面会提案=朝鮮中央通信(06/06/09)
  • マカオの銀行への金融制裁で、北朝鮮との関係絶つ動き=米財務副次官補(06/06/06)
  • 北朝鮮で軍用列車が衝突事故、千人以上が死亡か(06/06/04)
  • 北朝鮮、ワールドカップ中継を韓国側に打診(06/06/03)
  • 北朝鮮軍人2人、38度線を越境(06/05/30)
  • 北朝鮮政権に異変? 南北合同の鉄道試験運行を突然キャンセル(06/05/27)