印刷版   

ユーロ圏金融市場はECBの10月利上げを確実視

 30日のユーロ圏金融市場では、あす31日の欧州中央銀行(ECB)理事会での利上げの可能性はほぼゼロとする一方、10月の利上げはほぼ確実視されている。

 トレーダーによると、ユーロ無担保翌日物平均金利(EONIA)フォワード市場では、10月の0.25%利上げの確率を95%程度織り込んでいる。今月上旬は76%だった。

 12月の利上げは、EURIBOR先物市場で織り込まれている確率はおよそ70%。7月上旬には90%以上の確率だった。EONIA市場では50%にとどまっている。

 ロイターがエコノミスト61人を対象に前週実施した調査によると、61人全員があすの理事会では金利据え置き、10月に利上げとの見方を示した。

(ロイター30日=ロンドン)

 (06/08/31 08:34)  





■関連文章
  • 据え置き決定、追加利上げよりリスク低い=8月FOMC議事録(06/08/30)
  • 中国臓器狩り:欧州議会副議長、連合調査団への参加表明(06/08/30)
  • 中国臓器狩り:豪州政府、独立調査の受け入れを中国政府に要求(06/08/21)
  • 〔ロイター企業調査〕適切な日銀の利上げ時期、07年4─6月期が最多(06/08/17)
  • 中国の大卒者の3分の1以上、「大学は時間の無駄」と後悔=調査(06/08/16)
  • 米企業、広東省東莞市の労働者抗議事件を調査(06/08/14)
  • 中国が融資抑制を銀行に指導、工商銀と中国銀は対象外(06/08/10)
  • ECBが利上げ、総裁はインフレを「非常に注意深く監視」とし10月利上げ示唆(06/08/04)
  • 米地区連銀総裁ら、利上げ局面は終了間近と示唆(06/08/01)
  • ECBは年内に少なくとも3.25%まで利上げ─中銀筋=MNSI(06/08/01)
  • ロイター調査:8月利上げの確率、ECB90%・FRB60%(06/07/26)
  • ゼロ金利解除は失敗する可能性=自民金融政策小委員長(06/07/26)
  • 安全保障、投資抑制の理由とする場合は慎重に=FRB議長(06/07/21)
  • 6月の日銀金融政策決定会合の議事要旨(06/07/20)
  • カナダ独立調査団:法輪功学習者対象の中国における臓器狩りの告発に対する調査報告(その(06/07/20)