印刷版   

9月20日、自民党総裁選挙は安倍氏を新総裁に選出、464票獲得し圧勝。写真は首相官邸での会見で(2006年 ロイター/Toru Hanai)

安倍氏を新総裁に選出、464票獲得し圧勝=自民総裁選

 自民党総裁選挙は20日、同党に所属する国会議員の投票と、地方の党員票を含めた開票が行われ、安倍官房長官が464票を獲得して第21代総裁に選出された。安倍氏は26日に首相指名され、同日中に安倍内閣を発足させる見通し。

 安倍氏は国会議員票に加え、地方でも大量得票し、有効となった702票のうち66%を獲得する圧勝となったが、この勢いを背景に組閣、自民党役員人事で安倍色を強く打ち出すのか、党内各派のバランスを重視するのかに注目が集まっている。

[東京 20日 ロイター]

 (06/09/20 15:24)  





■関連文章
  • 自民党総裁選告示で3氏が届出、本命・安倍氏の政策の中身が焦点(06/09/08)
  • 安倍氏が政権構想発表、経済成長前提に歳出改革を優先実行(06/09/01)