印刷版   

ソニー製電池搭載の富士通パソコンから火花、1人がやけど

 富士通(6702.T: 株価, ニュース, レポート)は27日、ソニー(6758.T: 株価, ニュース, レポート)製リチウムイオン電池を搭載した同社のノートパソコンから火花が出る事故が1件、国内で発生したと発表した。パソコンの使用者が軽いやけどを負ったという。問題の電池は、ソニーによる自主回収・交換プログラムの対象に該当するものだという。

 事故は24日夜発生。富士通によると、両社が共同で調査した結果、火花が出たのは電池そのものに起因する問題であると、両社が認識しているという。事故の詳しい原因は究明中だとしている。

 富士通は現在、33万8000個の電池の回収を行っているが、同社のパソコンで今回のような事故が起きるのは初めて。これまで過熱などソニー製電池を搭載したパソコンで事故が起きたのは、米デル(DELL.O: 株価, 企業情報, レポート)、米アップルコンピュータ(APPL.O: 株価, 企業情報, レポート)、中国レノボ(0992.HK: 株価, 企業情報, レポート)の海外メーカーに限られていた。 

 ソニーは、国内外で電池の自主回収を進めると9月末に発表。その後、対象数は約960万個に上ることが判明。ソニーは対策費として512億円の引当金を2006年度第2・四半期で計上した。

[東京 27日 ロイター]

 (06/10/28 11:51)  





■関連文章
  • ソニーの06年度ゲーム事業赤字2000億円に倍増、電池回収は960万個(06/10/20)
  • ソニー、自社製PCの電池を自主交換(06/10/18)
  • 東芝、ソニーに対しPC用電池回収などで損害賠償請求を検討(06/10/16)
  • ソニーをBBB+に、東芝をBBBに格下げ=フィッチ(06/10/12)
  • ソニー製電池搭載のPCで発火、原因は調査中=レノボ(06/09/26)
  • ソニー製電池を搭載した米デルのノートPC、国内で2件出火=経産省(06/08/24)
  • 独ベルテルスマン、ソニーBMG持ち分の一部売却を検討(06/07/05)
  • ソニー、フラッシュメモリー搭載の小型パソコンを7月3日発売(06/06/27)
  • ソニー、次世代機「プレステ3」も全世界生産出荷累計1億台を目指す(06/06/22)
  • ソニー、「プレイステーション2」のACアダプターをリコール(05/09/24)