印刷版   


英軍、バスラの治安権限は来春にも移譲可能=外相

 英国のベケット外相は22日、議会での演説で、イラク南部の都市バスラに駐留する英軍が来年の早い時期に、イラク側に治安権限を移譲できる、との見通しを明らかにした。ベケット外相は「現時点のバスラの状況を見ると、来春のある時点でイラク側に治安権限の移譲が可能との確信が持てる」と強調した。

 英軍はイラク南部に7200人を展開、その大半がバスラとその周辺地域に駐留している。イラク第2の都市であるバスラでは、イスラム教シーア派の抗争が起きており、英兵士も攻撃対象になっている。

 [ロンドン 22日 ロイター]

 (06/11/23 22:45)  





■関連文章
  • ブッシュ米大統領、29─30日にヨルダンでイラクのマリキ首相と会談(06/11/22)
  • シリアとイラクが国交完全回復で合意、26年ぶり(06/11/22)
  • イラク大統領が今週末にイラン訪問、アハマディネジャド大統領と会談(06/11/21)
  • イラク政府、今週中にシリアとの国交正常化(06/11/21)
  • イラク高等教育省から拉致の人質、大半が解放(06/11/15)
  • イラク政策、軌道修正の用意ある=米大統領首席補佐官(06/11/13)
  • イラクのマリキ首相、包括的な内閣改造計画を発表(06/11/13)
  • ブッシュ米大統領、イラク政策で方向転換の可能性を示唆(06/11/10)
  • 米民主党指導部、イラク問題で超党派の会合開催をブッシュ大統領に要請(06/11/10)
  • 米国のイラク政策、うまくいっていない=ブッシュ大統領(06/11/09)
  • 日本の対イラク復興支援に変更はない=米中間選挙で安倍首相(06/11/09)
  • フセイン元大統領に死刑判決、シーア派住民殺害で(06/11/06)
  • 日本企業、ナシリヤでの油田開発に関心=イラク石油相(06/11/02)
  • 米国防長官に大統領任期満了まで続投を期待=ブッシュ大統領(06/11/02)
  • ヒズボラ、イスラエルと捕虜交換で協議中=ナスララ師(06/11/01)