印刷版   

 1月24日、ユーログループ、7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で弱い円に対しより強いG7メッセージ求める意向。写真は都内の外国為替ボード。昨年11月撮影(2007年 ロイター/Toshiyuki Aizawa)

ユーログループ、弱い円に対しより強いG7メッセージ求める意向=関係筋

 7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)が2月9─10日にドイツで開かれるが、欧州は、円が安すぎるとの、より強いメッセージを求める意向だ。準備を進めている関係筋が明らかにした。

 G7に向けての欧州の立場は、29日に開かれるユーロ圏財務相会合(ユーログループ)で策定する。

 同筋は「G7共同声明草案の策定は全ての関係国の作業だ。しかし明らかに、ドルに関する欧州の立場がどうなるかは、秘密事項ではなく、これは正確に声明に盛り込まれている、急激な動きや変動は望ましくないという基本的な点だ」と述べた。

 「円に関しては、メッセージは比較的明確だ。シンガポールでのG7の後に表明されたものが今後も一段と強く繰り返されるだろう。円の動向は、経済ファンダメンタルズと一致すべきというもので、日本の当時の財務相も受け入れた」と指摘した。

 昨年9月のシンガポールG7では、日本経済の強い回復を考慮し、円は上昇すべきとのメッセージが示されていた。同筋は「それ以降、良い面では変化がないが、悪い面では、ドルに関しては悪影響は比較的抑制されている。一方、円に関しては、日本当局も受け入れたメッセージがあるが。しかし具体的な措置はみられない。これまでの状況を再度振り返り、恐らく一段と強くメッセージを繰り返していくときだ」と述べた。

 別の関係筋は「中期的には、円を含めアジア通貨の一段の柔軟性を求めていく」と指摘。「G7声明の内容が変わるとすれば、徐々に高まっている基調的懸念、これは円にも当てはまるが、事態があるべき動きをしていないという点を、正しく反映するだろう」との見方を示した。

 これとは別の関係筋は、29日のユーロ圏財務相会合では為替が討議されるだろうと述べた。

[ブリュッセル 24日 ロイター]

 (07/01/25 08:54)  





■関連文章
  • 原油安で世界経済に安定感、米国に資金回帰でドル高に(07/01/15)
  • 円上昇のカギはデフレ脱却=OECDチーフエコノミスト(07/01/05)
  • 経済成長、G7でカナダがトップ(06/12/25)
  • ユーロ/円が上昇、ユーロ導入来の高値=東京外為市場(06/10/27)
  • 円は好ましい方向に動いている=仏財務相(06/10/23)
  • ロシアの外貨準備としての円の購入、歓迎すべきこと=尾身財務相(06/10/17)
  • ロシア中銀、外貨準備として円の購入を開始=中銀幹部(06/10/16)
  • 北朝鮮核実験の日本経済への影響、市場動向など見極めたい=経済財政担当相(06/10/10)
  • 北朝鮮の核実験で外為市場に波紋、トリプル安懸念も(06/10/09)
  • ドルが対円で7カ月ぶり高値、北朝鮮の核実験報道で(06/10/09)
  • 外為市場で円が小幅下落、北朝鮮の核実験声明報道で(06/10/04)
  • G7が開幕へ、米景気減速や原油価格・保護主義の高まりなどを議論(06/09/16)
  • G7では世界経済と国際金融機関の改革などを議論=谷垣財務相(06/09/15)
  • 4―6月期実質GDP2次速報値は前期比+0.2%、1次速報は+0.2%(06/09/11)
  • ECB総裁、アジア途上国に為替の柔軟性拡大求める=独紙(06/09/09)