「フランスのスパイダーマン」、マレーシアでの挑戦途中に逮捕

2007年03月22日 08時12分
 世界中の高層ビルを命綱無しで登り「フランスのスパイダーマン」として知られるアラン・ロベール氏(44)が20日、当地にある世界一高いツインタワーに挑戦したが、途中で逮捕された。

 ロベール氏は88階建ての「ペトロナス・ツインタワー」に挑戦している最中、ロイターに対し電話で「ここからの眺めは素晴らしい。オフィスの中にいる人たちが自分をじろじろ見ているのが面白い」と語った。

 ビルの35階で出っ張りに手をかけてよじ登るロベール氏のすぐ近くを警察のヘリコプターがホバリングする様子は、まるでアクション映画の1シーンのようだった。

 同タワーの周囲には見物人数百人が集まり、大勢の人たちが携帯電話のカメラでロベール氏を撮影したり声援を送ったりしていた。

 しかし、結局はタワーの60階にたどり着いたところで、ロベール氏が消防隊と警察の制止に従い、ビル内に入ったという。

 同氏がペトロナス・ツインタワーへの登頂に失敗したのは、10年前に続いて今回が2回目。

[クアラルンプール 20日 ロイター]
関連キーワード
^