印刷版   


次期英首相が早期にイラクから軍撤退させないと確信=米高官

 米政府高官は21日、次期英首相になることが確定したブラウン財務相について、就任後早期にイラクから英軍を撤退させることはないと確信していると述べた。

 同高官は匿名を条件に記者団に対し、米国は英政府との間で、将来のイラク政策について「極めて高いレベルの議論と対話を行った」と説明した。

 ブレア首相の辞任は、イラク戦争を支持して有権者の怒りを招いたことが一因となったことから、英国メディアでは、ブラウン財務相が首相に就任した場合、国民の怒りを沈めるために撤退を早める可能性があるとの観測が取り上げられていた。

 しかし、同高官は「われわれにそのような認識はまったくない。英政府はイラクとアフガニスタンに対するこれまでの政策を継続すると確信している」と述べた。

 [ロンドン 21日 ロイター]

 (07/05/22 15:35)  





■関連文章
  • イラク議会ビルで自爆攻撃、8人死亡(07/04/13)
  • 米上院がイラク撤退法案を可決、法案の一本化に焦点移行(07/03/30)
  • イラク、旧フセイン政権のラマダン副大統領の死刑を執行=子息(07/03/21)
  • 旧フセイン政権のラマダン元副大統領、20日に死刑執行か(07/03/20)
  • ブッシュ米大統領、イラク早期撤退は悲惨な結果もたらすと強調(07/03/20)
  • イラクで塩素を使った連続自爆攻撃、2人が死亡・350人以上に被害(07/03/19)
  • 10日にイラク安定化国際会議を開催=首相(07/03/01)
  • イラク情勢安定化めぐる会議、米英とイラン・シリアが参加へ(07/02/28)
  • イラクからの米軍撤退、期限設定を米国民の過半数が支持(07/02/27)
  • ハリー英王子、数カ月内にイラク派遣=英国防省(07/02/23)
  • イラク駐留英軍、今後数カ月で5500人規模に縮小=英首相(07/02/22)
  • 英首相、イラク駐留英軍の撤退開始を発表へ=英メディア(07/02/21)
  • 米上院、イラク増派反対決議の採決動議を否決(07/02/19)
  • イラク増派計画、米国民の過半数が反対=世論調査(07/02/14)
  • イラク首相、バグダッドでの掃討作戦の準備急ぐよう指示(07/02/07)