印刷版   

IAEA、北朝鮮への査察団派遣を承認

 国際原子力機関(IAEA)は9日、緊急理事会を開き、6カ国協議で合意した初期段階措置となる北朝鮮核関連施設の稼動停止を監視・検証する査察団の派遣を承認した。

 IAEA査察団の北朝鮮入りは、2002年に同国がひそかにウラン濃縮を行っているとする証拠を米国が提示したことを受けて、北朝鮮が査察官を国外退去させて以来、約4年半ぶりとなる。

 北朝鮮は今年2月、寧辺の核施設を停止する見返りに重油などの経済援助を受けることで合意。査察団の派遣は、重油を積んだ最初の輸送船が今週、北朝鮮に到着次第行われる見通し。

 韓国によると、重油の輸送船は12日に韓国を出航し、到着まで2日かかる予定。

 IAEAのエルバラダイ事務局長は、査察団の派遣について「来週中か今後2週間のうち」に実施される見通しだと述べた。

[ウィーン 9日 ロイター]

 (07/07/10 09:19)  





■関連文章
  • 重油第一陣の到着後に核施設停止する可能性=北朝鮮報道官(07/07/07)
  • イラン高官、核の「一時停止」案を拒否=イラン国営通信(07/07/05)
  • 6カ国協議、来週にも開催の可能性=ロシア外務次官(07/07/05)
  • 韓国、北朝鮮への重油輸送を来週開始=韓国当局者(07/07/04)
  • 核施設停止前の北朝鮮への重油提供、米国は反対せず(07/07/04)
  • 北朝鮮が発射したミサイル、性能高めたもの=米軍(07/07/02)
  • 北朝鮮の核問題が急速に進展するよう期待=米国務長官(07/06/29)
  • 北朝鮮、日本人拉致問題について調査行う方針=関係筋(07/06/28)
  • 北朝鮮のミサイル発射を「深く憂慮」=米国家安全保障会議(07/06/28)
  • 北朝鮮はウラン濃縮計画を公表する必要=米国務次官補(07/06/26)
  • 韓国、北朝鮮へのコメ支援を6月30日から再開(07/06/26)
  • イラン、核問題解決に向けIAEA代表団招請する意向を示す(07/06/26)
  • ロシアの銀行、北朝鮮に2500万ドル送金=ウェブサイト(07/06/25)
  • IAEA実務代表団、26日に北朝鮮に到着=事務局長(07/06/23)
  • 北朝鮮、3週間以内に核施設の稼動停止へ=米国務次官補(07/06/23)