本当の思いやりとは

2007年08月20日 00時00分
 【大紀元日本8月20日】ある冬の朝、大勢の人が聖地巡礼に急いでいた。聖母がご光臨になるという噂を聞いたからである。皆ほかの人に遅れをとるまいと先を急いでいた。一つには、何としても早く偉大なる聖母に会いたいという気持ちからであり、もう一つには、自分の敬虔な気持ちを見てもらいたいがためであった。

 その人波の中に一人の中年男性がいた。彼は小学校の先生で、早くから聖母を敬い慕っていた。ところが、彼は途中で一人のお年寄りを見かけた。よれよれの服を着たその婦人は、寒い上にお腹がすいていたためか、道端に倒れていた。彼女の傍にお金や食べ物がたくさん置いてあるのを見ると、どうもすでに多くの人がこのかわいそうなお年寄りに気がついたようだ。ところが、立ち止まってわけを聞こうとする人は誰一人おらず、この息絶え絶えのお年寄りを何とかして助けてあげようとする人もいなかった。彼らはみな、偉大なる聖母に会いたくて先を急いでいたからである。

 ところが、この中年男性だけは、お年寄りの様子を見て勇気を出して立ち止まった。彼は、お年寄りを助け起こすと、自分の着ていたコートを着せてあげた。そして、道行く人にお医者さんのいる近くの村の方向を教えてもらうと、お年寄りを背負って脇の田舎道に入って行った。

 でこぼこして雪が残るどろどろの道を急いで歩いていくうちに、彼は自分が巡礼に行こうとしていたことをすっかり忘れていた。

 人気のない静かな村の入り口に来たとき、お年寄りが突然話しかけた。「いい子だ、もういいから止まって私を下ろしておくれ。ずいぶん暖かくなりましたよ」。

 彼はゆっくりとお年寄りを背中から下ろし、振り返って見ると、あっけにとられた。先ほどのよれよれの服を着て汚らしく、息絶え絶えだったお年寄りが、鷹揚で美しく、慈悲深く優しげな貴婦人に変わっていたのである。驚きで彼は何も言葉が出てこなかった。

 聖母は彼に言った。「真の聖地巡礼者は、うわべだけの言葉や行いではだめで、あなたのように、慈悲深い思いやりの心を魂の奥深くにしっかりと持っていなければならないのです」。

 我先にと聖地巡礼に急いだ他の人たちが誰一人として聖母に会えなかったのは言うまでもない。

(看中国より)

関連キーワード
^