神経症の按摩治療

2007年12月08日 10時09分
 【大紀元日本12月8日】よく眠れない、よく夢を見る、頭がすっきりしない、記憶力が低下した、集中力が乏しい、怒りっぽい、目がかすむ、耳鳴りがする、胃腸の調子が悪い、顔がほてる、手足が冷える、動悸がする、息切れする、全身がだるい。

 このようにたくさんの症状があって、病院で検査してもらったら、どこも悪くないと言われる場合がある。このような診断がはっきりしない心身的な不調の場合、按摩療法がとても良い効果が得られる場合がある。その按摩法は次のとおり。

 1.攅竹(眉毛の内側端)、前額部、百会(頭頂の真ん中)をゆっくり揉む(それぞれ2分間)。
 2.10本の指の先で、頭皮を前額から後頭部の髪の生え際まで10回ぐらいゆっくり掻く。
 3.手掌でへそを中心に円周状に腹部を3分間ぐらいマッサージする。
 4.手掌で足底を2分間マッサージする。
 5.背中の脊柱両側の皮膚を抓んで引っ張る。

5.背中の按摩法

(翻訳/編集・文子)

関連キーワード
^