印刷版   

開発されたロブスター・アイX線インスペクション・デバイス(LEXID)(POCより)

米企業、透視できる小型特殊X線スキャンを開発

 【大紀元日本1月31日】壁や密封容器を透視できる小型の新X線機器が米国で開発され、テロ対策に役立つと話題を呼んでいる。

  英「デーリー・テレグラフ」1月19日の報道によれば、カリフォルニア州のフィジカル・オプティクス・コーポレーションが開発した「ロブスター・アイX線インスペクション・デバイス(LEXID)」は、微量のX線を物体に向かって発し、そこから反射されてくる情報をスクリーンに映し出すという。同社の上級副社長リック・シー氏によると、同機器は、壁の裏やコンテナーの中身などを映すことができ、その原理は暗い深海の底でも物体を見ることができるザリガニの目に似ているという。

 シー副社長は、「この機器は爆弾、密輸品や人体をも検出することができ、数メートル範囲内であれば、いかなる物体をも映し出すことができる」と話している。同装置によって映し出される映像はまだそれほど鮮明ではないが、武器の隠し場所や爆弾を発見するには十分だという。同氏によると、同機器はまだ開発段階にあるが、将来的には解像度を大幅にアップすることが可能であるという。米国土安全保障省は、すでに空港などでのテロ対策に使用できるとして同機器に興味を示している。

 同機器はこの他にも、害虫駆除会社や建設作業員、考古学者らに使用されることが期待されている。

 
(翻訳/編集・叶子)

 (08/01/31 08:23)  





■関連文章
  • 英首相、テロとの戦いでインドに協力強化を要請(08/01/21)
  • 五輪控え再開発進む北京、さらに数千世帯が移転へ(08/01/10)
  • 動乱のパキスタン、テロとの戦いの渦中に(08/01/08)
  • 中国社会科学院青書:北京五輪が直面する最大のリスク(08/01/07)
  • AFP社:最も印象的な写真2007(1)(07/12/15)
  • 中国で何が発生しているのかを把握すべき=英ブレア前首相(07/11/08)
  • アジア開発銀行:中国の水質汚染に警鐘、開発援助を打ち出す(07/10/21)
  • 国連安保理非常任理事国、新たにリビア・ベトナムなど5カ国(07/10/21)
  • 欧中宇宙開発協力、最新技術漏洩を憂慮する米国(07/10/13)
  • イラク:軍事装備117億円、中国から購入(07/10/07)
  • 写真報道:「9・11」から6年目、グランド・ゼロで追悼式典(07/09/13)
  • 安倍首相が辞任表明、テロ対策法案など局面打開に必要と判断(07/09/12)
  • テロ特措法延長に全力と米大統領に表明、衆院解散「全く考えてない」=安倍首相(07/09/08)
  • 豪州:法輪功迫害に関心を寄せる運動、シドニーで展開(07/09/05)
  • 北朝鮮、テロ支援国リストから外れていない=米国務次官補(07/09/05)