印刷版   

涙ながらに訴える若き僧侶(中央社)

ラサ僧侶の涙:チベットに自由なし、当局はうそをついている

 【大紀元日本3月28日】チベット自治区の首都ラサで発生した、中国共産党の暴政への抵抗は当局によって武力鎮圧され、戦車と実弾の虐殺は世界を驚かせた。中国当局はラサの秩序が回復したことをアピールする目的で当局が選んだ海外メディア17社に限り、当局官員付きという条件で、3月27日に現地取材を許可した。しかし、記者団は、ラサの寺院で取材を行った際、チベットに自由はないと涙ながらに叫ぶラマ僧らに遭遇した。僧侶らは、「(中国当局の情報を)信じてはいけない。(中国当局は)皆さんをだましている。うそをついている」と指摘し、今回の事件はダライ・ラマとは関係ないと主張した。

 AP通信記者の報道によると、ラマ僧約30人が取材に訪れた記者団の前に突然現れた。僧侶は宗教の自由が奪われ、しかも今回の抗議活動は亡命しているチベットの精神指導者ダライ・ラマと無関係であることを訴えた。

 その他、市内には銃を手にした武装警察が配置され、空港には指名手配のポスターが貼られ、名所ポタラ宮前の広場では観光客の姿はほとんど見られなかった。放火された店舗は依然焦げ臭く、殆どの店は休業中であることが別の記者の報道からわかった。さらに、中国当局は事件調査の理由で、チベット人に対して大規模な逮捕を行っているという報道もあった。

 取材でチベットに入った記者らは当局の取材スケジュールに従うしかなかった。当局は寺が破壊された映像を含む事件当時の映像を公開した。その後、決められたスケジュールの通りにラサ一の寺・ジョカン寺に到着したところ、抗議するラマ僧に遭遇した。

 僧侶の話によると、今月10日から、僧侶らの行動は制限されたとし、「チベットには自由がない、チベット人も自由がない」と泣きながら、放火と破壊事件に関与したことを否定した。さらに、中国当局が発表する情報はすべてうそであることを指摘し、自由がほしいと訴えた。同行の中国当局の官員は取材に介入しなかったが、次へ行こうと促し続けた。

 あるラマ僧は「中国当局はダライ・ラマを打倒しようとしたが、それは間違いだ」と述べた。3月14日の事件に関して、「今回の事件はダライ・ラマとは関係ない」と僧侶らは強く訴えた。

 香港のテレビ局TVBは、深紅の僧衣をまとった僧侶らが涙ながらに訴え、カメラの周囲に集まった映像を放送した。それによると、抗議デモが始まった3月10日以降、僧侶らは寺院を出ることが許されていないという。ある僧侶は「中国当局は、わたしたち僧侶の言うことを信用していない。わたしたちが外に出て、破壊や焼き討ちなどの騒乱を引き起こすと思っている。わたしたちはそのようなことは一切していいないし、濡れ衣だ」とし、「わたしたちは自由がほしいだけだ。中国当局は僧侶や一般人を拘束している」と訴えた。

 台湾のテレビ局ETTVのカメラマン、ワン・チェナンさんによると、僧侶たちの突然の訴えは、約15分間ほど続いたという。その後、警察がその僧侶を寺院のどこかに連行したという。

 ダライ・ラマオフィスのチヒメ・チホキャパ氏によると、僧侶らの突然の訴えにより、「チベットの積年の憤慨は、いかなる暴力でも抑えられない」ことが明確になったという。チホキャパ氏は「わたしたちは、僧侶の身の安全と健康を心配しており、僧侶らを守るためにも国際社会に訴えたい」と述べた。

 3月26日、米国のブッシュ大統領は、中国の胡錦涛国家主席にダライ・ラマとの会談を勧めたが、胡・主席は、ダライ・ラマとの会談には積極的に応じるが、その前に、ダライ・ラマはチベットや台湾の独立支持を放棄しなければならないとしており、「暴力や犯罪活動を煽り、北京五輪をボイコットするのは止める」よう、27日、新聞紙上で述べた。

 中国当局は、、「ダライ・ラマの徒党」が騒乱の起こしたとし、ダライ・ラマを国家分裂主義者としたが、ダライ・ラマは、それを否定し、チベットの自治だけを望んでいるとし、中国当局の武力鎮圧を非難した。

 しかしながら、インドのテレビ局NDTVのニュース番組で、ダライ・ラマは、北京五輪が、中国の人権状況を世界に知らしめるチャンスであると述べている。「五輪開催の資格を得るために、中国は人権や信教の自由などの状況を改善しなければならない…これは当然の理である」と指摘した。

 ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)は、国連人権委員会がチベット危機の解決に当たるべきだとの声明を発表した。

 HRWによると、オーストラリア、欧州連合、スイス、米国がチベットの人権侵害を国連人権委員会で取り上げたが、中国はアルジェリア、キューバ、パキスタン、スリランカ、ジンバブエを取り込んで、議論を阻止した。

 声明では、HRWのジュネーブ責任者のジュリエット・デ・リベロ氏の言葉が引用され、「国連人権委員会は、チベット危機を解決する権利だけでなく、義務がある」とし、「国連人権委員会の本来の機能を果たしているかどうか、確認しようとしている国々を、同委員会が沈黙させている事態は、恥ずべきことだ」と批判した。
(STR/AFP/Getty Images)
海外メディアの記者らに訴える僧侶たち(STR/AFP/Getty Images)


 
(編集・侍傑、編集・月川)


 (08/03/28 10:01)  





■関連文章
  • 今週土曜日に緊急討論会「チベット虐殺から中国共産党と北京五輪を見る」(08/03/28)
  • 【3月29日緊急討論会 】 チベット虐殺から中国共産党と08年五輪を見る(08/03/27)
  • 「人権聖火」大陸入り、「同じ世界・同じ人権」を主張=香港宣誓集会(08/03/26)
  • チベット弾圧:チベット人に扮した警察官がデモ隊を扇動(08/03/24)
  • チベット人団体、五輪聖火採火場所で抗議デモ予定(08/03/24)
  • チベット武力弾圧:東京・六本木で市民らが中共に公憤の声「FREE TIBET!」(08/03/23)
  • 台湾新総統、北京に警告「台湾を香港・チベットと同じく扱ってはならない」(08/03/23)
  • 中共がチベット人に対する発砲を許可、増員兵がチベットに大挙(08/03/22)
  • 四川省ガパ県、虐殺されたチベット人=真実を語る遺体写真(08/03/22)
  • 中国:新疆・チベット間、M7.3の強い地震(08/03/21)
  • 草莽全国地方議員の会、チベット弾圧に抗議する六本木デモ(08/03/21)
  • チベット事件の本質:暴動ではなく、暴政への抵抗(08/03/21)
  • 中国当局、チベット地区を軍事制御(08/03/21)
  • チベット虐殺、それでも北京五輪せい火リレー実行か(08/03/20)
  • チベット抗議活動が北京に飛び火、中央民族大学で抗議集会(08/03/20)