印刷版   

酢よりも酸っぱい雨=中国広東省

 【大紀元日本4月15日】最新のデータによれば、昨年の広州での灰曇り日は131日、酸性雨の頻度は8割を超え、時には確実に酢よりも酸度の高い雨が降ったという。

 報道によると、広東省広州市、韶関、深セン、珠海、佛山、茂名、肇慶、惠州及び梅州などの9都市は最も酸度の高い酸性雨が降り、PH4・42、頻度82・6%であった。

 広州市環境保護局技師長の楊柳氏は、広州は5年間で酸性雨が降る頻度が3割増加し、ここ十年来、広州はずっと高酸性雨地区に属している。酸性雨は広州で最も懸念される問題の一つだ、と話している。

 先ごろ、広州市政府専門家は常務会議を開き、7方面50項目の措置を出し、大気汚染の防止を図るという。

 
(翻訳・坂本)


 (08/04/15 11:02)  





■関連文章
  • 中国広東省:国内最悪の穀物不足、民衆に買い溜め心理(08/04/15)
  • 中国広東省深セン市:北京五輪ボイコット・スローガンで逮捕(08/03/28)
  • 玩具用火薬31トンが爆発=広東省(08/03/21)
  • 建設中のビル倒壊4人死亡3人負傷=広東省(08/03/15)
  • 鳥インフルエンザ・ウイルス変異、専門家注意呼びかける=中国(08/03/12)
  • 広東省東莞の紡績工場が倒産、3395人が解雇(08/03/06)
  • 中国広東省で、電力供給の不足が発生(08/03/05)
  • 中国広東省深セン:ビル火災で15人死亡(08/02/28)
  • 中国でH5N1型鳥インフルエンザ感染の疑いで女性死亡(08/02/25)
  • 中国広東省:深セン市で集団食中毒か、2人死亡(08/02/25)
  • 融雪剤による水源汚染=中国広東省(08/02/20)
  • 中国広東省:高圧電線用鉄塔工事に抗議、警察と住民2千人衝突(08/01/05)
  • 厳しい冬季干ばつ、11万人の飲用水が不足=中国広東省茂名市(08/01/03)
  • 中国広東省:日系企業で大規模スト、地元メディア沈黙(07/12/24)
  • 中国広東省:河川の重金属汚染で「ガン村」に(07/10/30)