印刷版   

アメリカ航空宇宙局はこのほど、火星の表面に一列巨大な馬の蹄の形をした跡を収めた最新写真を発表した

火星表面、「馬の蹄」砂丘発見

 【大紀元日本4月19日】アメリカ航空宇宙局はこのほど、火星の表面に一列巨大な馬の蹄の形をした跡を収めた最新写真を発表した。科学者らは、これらの跡は西からの強風によって形成された砂丘だとの見解を示したが、はっきりしたことはわかっていない。

 英「デイリー・ポスト」の報道によると、これら神秘的な「馬の蹄」はアメリカ航空宇宙局が所有する378億円の火星探査機が火星表面写真を撮影したときに撮られたもので、撮影した当時、「馬の蹄」は火星表面全体に見られるという。

 科学者らによると、これらの「馬の蹄」は火星のヘレスポンタス地区に現れ、沙漠は西側からの強い風によって形が作られたが、具体的な原因はまだ分からないという。

 科学者らは、地球にある沙漠地区でも類似する砂丘が形成されており、人々は「新月形」と称していると説明した。

 今回の写真撮影の主要任務は、アメリカ航空宇宙局が次回火星上陸のために着陸場所を見つけるためである。「馬の蹄」の砂丘の発見で、火星に対する関心が高まり、科学者らも火星上陸計画の早期実現を期待している。

 
(翻訳/編集・余靜)


 (08/04/19 22:16)  





■関連文章
  • 火星:生命の存在に適したクレーター発見(08/03/11)
  • 火星:塩分高く生命の生存に適さない=NASA(08/02/23)
  • 火星に人影?(08/01/25)
  • 「魔の三角海域」で消えた米軍機、火星に出現?(07/07/30)
  • 火星で大規模な砂嵐発生(07/07/06)
  • NASA:シャトルの飛行を停止へ(05/07/31)
  • ディスカバリー、今夜打ち上げ予定(05/07/26)
  • ヨーロッパ宇宙局: 2013年に再度火星へ(05/04/28)