印刷版   

中国、対スーダン禁輸措置に反し武器を輸出=BBC

 【大紀元日本7月26日】国際刑事裁判所(ICC、オランダ・ハーグ)の主任検察官は7月14日、スーダン・ダルフール地区における戦争犯罪や人道に対する罪でスーダンのバシル大統領を起訴した。ICCが現役国家元首を起訴するのは、今回が初めて。一方、BBCは同日、国連の武器禁輸後も、中国がスーダンへ軍事支援を続けているとする番組を報道し、波紋を呼んでいる。

 スーダンの最大原油輸入国である中国は、スーダンに対して積極的な投資を行い、両国は密接なつながりを持っている。一方、中国は、民族間の争いが絶えないスーダンへ絶えず軍事支援を提供し、紛争停止に消極的だと国際社会から非難されている。

 BBCは14日、国連の対スーダン武器禁輸措置に反して、中国が武器や軍事設備、戦闘機のパイロット養成プログラムなどをスーダンに提供していると報道した。BBCが得た情報によると、スーダンでは中国製戦闘機「ファンタン」のパイロット訓練が行われているほか、反政府勢力が中国製軍用トラック「東風(ドン・フェン)」を使用しているとの目撃証言があったという。トラックには対空砲が取り付けられ、そのうち一つは中国製だったという。国連の調べで、それらは国連の禁止措置が出た後に中国から輸入された、212台のトラックのうちの一つだったことが判明した。

 この報道に対して中国英字紙「チャイナ・デーリー」(15日付)は、中国の劉貴今・ダルフール担当特使のコメントを掲載した。同特使は、BBCの報道を「大げさだ」と批判し、「スーダンへの中国の武器売却は小規模にすぎず、この軍用機器の取引がダルフール紛争を激化させてはいない」と論じた。

 国連の発表によると、2003年2月にアフリカ少数民族反乱組織とアラブ人を主とするスーダン政府及び民兵との衝突が始まってから、すでに30万人が死亡し、220万人が難民となっている。一方、スーダン政府は死亡者数を10万人と発表している。

 (翻訳/編集・田中)


 (08/07/26 08:09)  





■関連文章
  • 中国:アフリカ・インフラ産業への投資額増大(08/07/15)
  • 五輪報道自由の約束不履行で、中国当局を非難=国境なき記者団(08/06/27)
  • 旅客機事故、死傷者甚大=スーダン(08/06/11)
  • 米人権団体、北京五輪スポンサー16社を非難(08/04/28)
  • スーダン・ダルフール問題:米俳優ジョージ・クルーニー、北京五輪協賛企業に協力呼びかけ(08/03/14)
  • スーダン反政府組織、中国平和維持部隊撤退求める(07/11/27)
  • スーダン反政府勢力、中国など外国企業撤退要求(07/10/29)
  • BBC中文部:中国国内での取材が難航、取材緩和に疑問呈す(07/10/26)
  • イラク:軍事装備117億円、中国から購入(07/10/07)
  • アムネスティ、ミャンマーに武器供給する中国を非難(07/10/04)
  • ミャンマー情勢、鍵を握る中国(07/10/04)
  • 英国外交官僚、中国の人権改善を促す(07/09/03)
  • 独メルケル首相対中外交、経済優先から人権重視に(07/08/31)
  • ドイツ首相:訪中前、人権問題提起を表明(07/08/26)
  • 中国湖南省炭鉱:800人ストライキ衝突、死者2人、負傷者20数人(07/08/17)