印刷版   

北京市朝陽区住民はゴミ置き場の環境汚染に抗議、大規模なデモが行われた

北京市内、環境汚染に住民が抗議デモ

 【大紀元日本9月1日】北京五輪が閉会してから1週間も経たない内に、北京五輪主会場所在地の朝陽区では、環境汚染問題における政府の対応に不満を持った住民たちの大規模な抗議デモが発生した。

 8月30日、北京五輪主会場所在地である朝陽区の常営(チャンイン)および管庄(グアンジャン)の多くの住民は、近くにある大型ゴミ処理センターから発生する悪臭が長年継続している問題について、政府は北京五輪開催のために同区の環境を全力で改善したと宣伝しながら住民の生活環境を無視しているとして抗議を行った。抗議デモは一時、朝陽北路の交通を3時間にわたり中断させた。目撃者の情報によると、大量の警察が現場に駆けつけ、抗議者に対して暴力を振るったという。

 海外中国語情報サイト「博訊」の報道によると、朝陽区の常営および管庄地区周辺には大型ゴミ処理場があり、悪臭がこの地区に常に充満している。また、ゴミ焼却後に発生したダイオキシン等発ガン物質は基準値の40倍以上に上る。この地区に住む多くの住民たちは長年に亘って政府に問題改善を求めてきたが、政府からの説明や改善策がなく、さらにゴミ処理場の南側約500メートル離れた場所に数百平方メートルの分譲住宅を建設している。

 専門家によると、「世紀の毒」と言われているダイオキシンは無味無色、極めて毒性の強い分解しにくい物質で、ストックホルム公約にて禁止されている持久性有機汚染物の1つ。約80%が焼却炉から発生されるという。

 北京朝陽区は、「鳥の巣」、「水立方」などの五輪主要会場の所在地。北京五輪の成功開催のため、当局は同区の環境改善を五輪重点プロジェクトとして扱い、旧建築物の取り壊し、道路の修繕、緑地の増加、ゴミ問題、空気の汚染などの処置を通して同区の環境を大幅に改善したと宣伝している。

 
(翻訳/編集・余靜)


 (08/09/01 07:19)  





■関連文章
  • 公安に民衆が抗議、衝突で負傷者多数=広東省(08/08/31)
  • 五輪報道禁止21項目、中国人真相を知る術がない=デンマーク紙(08/08/30)
  • 中国五輪メダル金51銀21銅28、四川地震発生日時と偶然一致(08/08/29)
  • 北京五輪:抗議申請で逮捕された老女ら、強制労働1年の刑(08/08/29)
  • もう一つの五輪金メダリスト:禁止された法輪功(08/08/28)
  • 釈放された米国人抗議者、中国拘留所の実体験語る(08/08/28)
  • 北京五輪を終えて:何回中共に騙されれば、我々は気付くのか?(08/08/27)
  • 拘束された外国人抗議者ら、五輪閉会式時に強制送還(08/08/26)
  • 五輪後の中国経済、景気減速の兆し(08/08/26)
  • 拘束された抗議デモ申請者の1人、五輪閉会後に解放=北京(08/08/26)
  • チベット支持者ら、中国大使館付近でデモ=パリ(08/08/25)
  • 米政府、中国に身柄拘束中の米国人釈放求める(08/08/25)
  • 中国体操選手年齢偽称事件、米コンピュータ専門家証拠公開(08/08/25)
  • 中国体操選手の年齢水増し疑惑:専門家、IOCの調査結果を疑問視(08/08/25)
  • 五輪は中国を変えたか=英BBC記者(08/08/23)