THE EPOCH TIMES

「世界100万人署名キャンペーン」、近畿地方自治体へ結果報告・請願書提出

2008年09月03日 00時37分
 【大紀元日本9月3日】中国当局による法輪功学習者への迫害を停止させようと、「世界100万人署名キャンペーン」が今年1月から7月まで行なわれ、8月初旬、署名人数は135万人以上に上った。この結果をもって14カ国で8月6日に同時に記者会見を開き、結果報告が行なわれた。このキャンペーンを主催した法輪功迫害真相調査連盟(CIPFG)によると、全世界の署名結果はすでに国連人権委員会に提出され、今はこの活動に賛同する各国政府トップ関係者、都道府県知事、市長、区長等への英文の署名活動を行っているという。日本でも8月20日から、全国各地政府へこのキャンペーンの結果報告および請願書を提出する活動が始動した。

 CIPFG日本分団メンバーは8月27日、28日に、兵庫県の神戸市、宝塚市、川西市および大阪府の大阪市、池田市、箕面市、豊中市、吹田市の市役所と議会に「世界100万人署名」結果報告書および請願書を提出した。

 これまでに各地でイベントを行なってきたこともあって、各市関係者は、法輪功が迫害を受けていることを耳にしたことがあり、この活動の主旨に理解を示し、個人として活動を支持すると示した人もいた。

 また、各市の市長室、秘書課、人権課、国際課関係者の中には、活動の説明を受けてから、知事、市長や議長等にこの資料および情報を渡すように積極的に協力し、他の部署にもこの情報を伝えると言ってくれた職員もいた。
署名活動結果報告を受け、請願書を受け取った大阪府担当者




100万人の署名活動の説明を聞き、署名結果および請願書を受ける神戸市役所担当者


署名結果および請願書の説明を聞き、最終的に受ける兵庫県県議会担当者


「世界100万人署名」の説明を聞き、集計結果および請願書を受け取る吹田市役所担当者


「世界100万人署名」の説明を聞き、集計結果および請願書を受け取る川西市役所担当者


「世界100万人署名」の説明を聞き、集計結果および請願書を受け取る池田市役所担当者


署名結果および請願書を受け取る宝塚市議会担当者


署名結果および請願書を受け取る宝塚市役所担当者


西川市役所庁舎


請願書等を受け取る豊中市役所担当者


「世界100万人署名」の説明に耳を傾け、集計結果および請願書を受け取る箕面市役所担当者



 
(記者・芩甫夏、翻訳/編集・余靜)


関連キーワード
^