THE EPOCH TIMES

世界で最も神秘的な井戸=インド

2008年12月16日 00時15分
 【大紀元日本12月16日】インドのアーバネリーの小さな村落の近くには「Chand Baori」という有名な階段式の井戸がある。この井戸は10世紀に造られ、深さ30m、13層3500段の階段で構成され、三角形のピラミッドを逆さにした形をしている。

 底部の水に外部の人間が触れることは許されておらず、村人の話ではここは村の神聖な池で、外部と繋がっているという。また、地勢の関係からここの水はほかの場所に向かって排水されており、どんなに雨が降っても池の水位は永遠に変わらないそうだ。




(翻訳・坂本)


関連キーワード
^