印刷版   

香港では健康に危害を及ぼすレベルの大気汚染が頻繁に測定されている。また、測定基準は不十分なもので、悪化した大気の状態を正確に反映できないという(Getty Images)

塵に包まれる東洋の真珠・香港、上昇する大気汚染指数

 【大紀元日本1月8日】香港市街地で最近更新された大気汚染指数によると、その汚染程度が再び危険警戒レベルを超えたことは明らかであり、大気汚染指数(Air Pollition Index)は2008年の同時期に比べ14%悪化している。これは2000年の記録開始以来の最高値であり、香港の空気の品質レベルが悪化し続けている事を示している。

 香港環境保護署2009年公布の数字によると、空気汚染が再びWHOの定義する危険警戒レベルを超えたという。最も賑やかな繁華街である中環や銅鑼湾などで採られたデータによると、これらの地区のAPI指数は2008年よりも14%増加しており史上最高となった。

 数年来、広大な華南地区では工場が林立し、香港地区までおよぶ深刻な大気汚染問題が蔓延しており、この問題は香港の国際金融の中心的地位を脅かすのではないかと人々は懸念している。香港行政長官・曾萌権氏の発表によると大気汚染問題はすでに香港地区の死活問題に及ぶほどの重大な議題となっており、同政府は停車中の車両のアイドリング運転禁止など、一連の改善措置を継続的に打ちだしている。

 先日、香港環境保護組織「地球の友」が開いた記者会見で、香港政府が現在持つ基準では悪化した大気の状態を反映するには不十分とし、特にポイントとなる浮遊粒子の測定基準については、同組織はまず香港政府が率先して本当の測定基準を採用することを極力促すべきと指摘している。

 民間のシンクタンク「シビック・エクスチェンジ」が昨年発表した報告によると、ここ数年、香港・マカオを含むすべての華南一帯では日増しに悪化する大気汚染により毎年1万人が死亡しており、その中でも青年、壮年層がかなり多いという。また、咳、喘息などの各種呼吸器官疾病も年々増加しているそうだ。香港のある医師は、現地の約10%から15%の児童に喘息の症状が見られ、5年前の5%に比べおよそ10%も上昇していると指摘している。

 世界銀行の報告によると、全世界で汚染が最も深刻な20都市のうち、16都市が中国で、都市周辺に住む人々およそ4億人以上が深刻に汚染された大気に毎日晒されているという。

 
(記者・黄一山、翻訳・坂本)


 (09/01/08 05:56)  





■関連文章
  • 中共系メディアの末路、香港「明報」ニューヨーク版が廃刊(09/01/04)
  • 香港元旦:中国共産党脱党支援パレード、脱党者数4800 万人へ(09/01/03)
  • 香港・中国冤罪同盟:上海当局、参加者らを拘留(09/01/02)
  • 香港で鳥インフル再発、ウイルス変異か(08/12/16)
  • 中国メラミン事件再発:EU、乳製品輸入・全面禁止(08/12/10)
  • 中国長者番付トップ逮捕、投資危険性が再浮上(08/11/30)
  • 中国の発展スタイル、民主価値への脅威=パッテン元香港総督(08/11/26)
  • 香港トップ企業、投資活動一時凍結(08/10/29)
  • 香港:中国産の鶏卵から基準値以上のメラミン検出(08/10/27)
  • 肝油、魚油から鉛やヒ素が検出=香港(08/10/21)
  • 腐乳4サンプルから基準値以上の有芽胞菌が検出=香港(08/10/16)
  • 飲食業務用牛乳、「ネッスル」製品よりメラミン検出=香港(08/09/24)
  • アイス・キャンデーからメラミン検出=香港(08/09/18)
  • 中国国内乳業22社製品にメラミン混入(08/09/18)
  • 香港紙編集長、北京で謎の死(08/09/16)