THE EPOCH TIMES

神韻高雄公演「完璧の一言に尽きる」=台湾

2009年03月20日 09時40分
 【大紀元日本3月20日】2月20日から台湾各地で巡回公演を行っている神韻国際芸術団は、3月13日から17日の間、台湾南部の高雄で7公演を行い、連日満席の大盛況であった。

 高雄公演最後となった17日夜の公演は、隅のほうの席も一席残らず売り切れるほどの盛況で、開演後もキャンセルチケットを待つ人で長蛇の列ができていた。

 財団法人2009世界運動会組織委員会基金会メディア総責任者のAlexander P. Haberder氏は、初めて鑑賞に訪れたという。「これまで観た中で最高の公演だ。舞踊、衣装、音楽のどれをとっても美しい。視覚的にも聴覚にも心の奥深くに打ち響き、感動を与えられる。本当に完璧の一言に尽きる。」

 高雄市高青撮影協会理事長・侯清賦氏は、オープニングの舞台をぜひとも撮影したかったという。「公演全体を通して、組み合わせがすばらしい。特に衣装の色の取り合わせは見事で、バックスクリーンとの一体感もすばらしい。中国の伝統文化を完璧に表現している。こんな公演はめったに観ることができない。」

 中華民国体育運動舞踏総会前副理事長・邱仕華氏は、6歳の孫娘を連れて鑑賞に訪れた。「幼さの残る若者たちが真剣にすばらしい演技を披露している。これは本当に大した公演だ。彼らは音楽の起伏を完璧に体で表現している。神韻公演は中華文化の精髄を見せてくれた。どの演目も非常に見事で、敬服に値する。」

 今年84歳になる国宝級の舞踊家・李彩娥氏は、神韻公演のいきいきとした舞台や、優雅でうっとりするような踊りに驚きを隠せないという。「女性の舞踊は春風を思わせ、男性の踊りは力強さを感じさせる。中国古典舞踊の力と美は、私たちも大いに参考にすべきだ。」

神韻高雄公演の会場を埋め尽くす観客(撮影=李曜宇/大紀元)

熱烈な拍手喝采に応える神韻芸術団のメンバーたち(撮影=羅瑞勲/大紀元)

すばらしい舞台に見入る観客(撮影=李願/大紀元)

すばらしい舞台に立ち上がって拍手をおくる観客(撮影=唐賓/大紀元)

惜しみない拍手をおくる観客(撮影=李願/大紀元)

感動に涙ぐむ観客(撮影=李願/大紀元)

神韻公演は観る人の心を清らかにする。(撮影=李願/大紀元)

伝統衣装を着てポスターの前でポーズを取る子どもたち(撮影=鄭順利/大紀元)

(翻訳編集・瀬戸)
関連キーワード

関連特集

^