印刷版   

(TED ALJIBE/AFP/Getty Images)

中国国務院、外国金融情報提供企業の報道取材を禁止

【大紀元日本5月4日】中国国務院は4月30日、「外国企業が中国国内で記入情報提供サービス管理規定」を同サイトに公布し、2009年6月1日実施を明らかにした。この規定は、外国金融情報提供企業は中国国内で業務を行うことができるが、国務院新聞弁公室の管理を受けるという新しい規定の内容である。その中にさらに、「中国国内にある外資系投資金融情報提供企業に対して...報道取材を禁じる」内容も盛り込まれている。

「フィナンシャル・タイムズ」紙は5月1日、予想外の新規定は中・米・欧州連合・カナダが昨年11月に合意に達した協議の内容を違反すると報道した。この協議の中で、2009年6月までに金融情報を提供する外国通信社を監督する独立機関を設置することに合意し、ブルームバーグ、ダウ・ジョーンズ、トムソン・ロイターなどが中国で収集した株式市場指数および為替などの金融情報を金融関連企業および一般企業に提供することができると示しており、また、一般報道の取材についても緩やかな定義を示した。

米・欧州連合およびカナダは昨年、外国企業が中国で顧客に直接金融情報を配信できないことを世界貿易機関(WTO)に対して提訴したために、協議がまとまった。国際金融情報サービス業は、昨年年末に結んだこの協議は中国当局の保護主義を開放させることに成功したとみている。しかし、新華ネットを守る勢力は最後の時になって、強硬手段に出た。

中国共産党(中共)はここ50数年間、報道内容を審査なしで民衆に伝達せず、報道の自由を封鎖する目的に達するために、これまでに外国報道企業に対して、全ての情報は新華社を通して審査を行った上で、中国国内メディアへ情報提供するように義務付けている。新規定の実施で、中共はAP通信社およびAFP通信社など伝統的な報道機関と市場分析・資料・図表など情報を提供する金融情報提供企業を分けて対処することになる。

既に中国国内で運営している外国金融情報提供企業は、新しい管理部門――国務院新聞弁公室に対して、継続運営の申請を義務付けられており、継続運営の許可が下りれば、有効期限は2年になる。

(記者・田清、翻訳編集・余靜)


 (09/05/04 08:53)  





■関連文章
  • 豚インフル感染拡大:世界経済回復を打撃、強まるリスク回避の円買い(09/04/29)
  • 国有大手企業の従業員3百人、給料未払いでストライキ=重慶(09/04/16)
  • G20:緊急支援枠1兆ドル超の確保で合意、世界主要株市場が好感し株価が上昇(09/04/05)
  • 中国核実験、32年間で46回も(09/03/28)
  • 前FRB議長:世界同時不況の原因は中国などの新興国にある(09/03/21)
  • 文化・メディア・法曹界関係者、中国官製メディアを非難=北京(09/03/21)
  • 軍人7万人がチベットに進駐、専門家は中共を非難(09/03/19)
  • ロシアで再び反政府デモ(09/03/15)
  • チベット爆発事件:国営新華社が速報、世論コントロール狙い(09/03/11)
  • 中国河南省団地爆発、死者5人負傷者100人以上(09/03/09)
  • 英「オアシス」中国ツアー、公演許可突如取り消し(09/03/09)
  • 中国:質屋が中小企業の新たな資金調達ルートに(09/02/25)
  • 米著名投資家ソロス氏、世界金融システム崩壊、解決法なし(09/02/23)
  • 世界金融危機で、香港百万長者16%減(09/02/22)
  • 中国:昨年末大規模A型口蹄疫発生、当局2カ月間情報封鎖(09/02/20)