THE EPOCH TIMES

フラッシング地区でまたも悪辣な攻撃、重窃盗罪で二人逮捕

2009年06月06日 16時19分
 【大紀元日本6月6日】米国ニューヨークのフラッシング地区で5月3日、、二人の中国共産党員が逮捕された。二人とも去年の同地区の反法輪功活動に関連している人物であるという。ニューヨーク警察は、中国共産党の李華紅(リ・ファホン)容疑者が、脱党支援団体役員・王文怡(ワン・ウェンイ)さんの携帯品の奪取に関係したことで、重窃盗罪の容疑で逮捕した。

 クイーンズ裁判所は李華紅容疑者に対して、100ヤード以内に王文怡さんに近づいてはならないという保護命令を下した。

 法輪功修練者で、大紀元の記者も勤める王さんは、以前盗難にあった中国大紀元の記事内容について調査をしている所、李容疑者に襲われた。

 「中国大紀元は以前、別の共産党員に襲われ、ちょうど今その事件の裁判の判決が下りたところです。彼らは誰にも記事を読んでほしくなかったから妨害したのです」と彼女は話す。

 李容疑者が所属する小規模の中国人グループは、たびたびフラッシング地区の通りで路上に法輪功を非難する資料を展示するなどし、迫害を肯定する活動をしている。

 去年、同グループメンバー約200人が法輪功修練者を襲う「フラッシング事件」の調査では、事件背景に中国領事館の存在があることがわかっている。

 今回の事件は2日に起こった。王さんがフラッシング地区で同グループの反法輪功活動する通りを歩くと、共産党員の車椅子の男が彼女に罵声を浴びせたという。彼女は「彼らが私の信仰を攻撃するので、証拠を残すため彼らの行動をビデオで記録しようとしました」と話す。

 目撃者によると、その車椅子の男は王さんのビデオカメラに気づくと、彼女を追いかけてカメラを奪い叩き壊したという。さらに「王さんは携帯で警察に連絡をしようとしましたが、別な男が後ろから襲い、彼女の手を叩いた為、携帯が床に落ちました。王さんが屈んで拾おうとすると、男は、李容疑者たちにむけて彼女の携帯を蹴り渡しました」と目撃者は話した。Li容疑者は近くの店に入り「こんなことは間違っている、私は暴行を受け、襲われたのです」と王さんの携帯を握り叫んだという。

 まもなく警官が駆けつけたが、李容疑者と車椅子の男は事件当日は逮捕されなかった。翌3日、李容疑者は重窃盗罪の容疑で逮捕され、近く裁判が開かれる予定。また電気車椅子の男は李容疑者逮捕後に別容疑で逮捕され、事件の裁判は10月9日に行われる。

 
(記事・Charlotte Cuthbertson, 翻訳編集・飯村)
関連キーワード

関連特集

^