印刷版   

トヨタ車パワーウインドーに欠陥、中国で約70万台リコール

 【大紀元日本8月25日】パワーウインドーの欠陥を解決するため、中国では約70万台近いトヨタ車を回収する。これはリコール台数としては中国で過去最大規模の車回収事件となる。

 中央社の報道によると、パワーウインドーに欠陥があったため、開閉操作の際正常に昇降できないとして、中国では明日から約70万台近い車を回収し、無償修理を行うという。台湾トヨタの代理である和泰自動車は「中国は当地産の部品を使用しており、台湾用の部品は国瑞自動車により生産されたため、パワーウインドーに問題はない」とコメント。

 中国大陸のマスコミの報道により、トヨタの中国にある合資企業である広州トヨタと天津一汽トヨタは8月23日、部品に欠陥があったとして、今月の25日からカムリ、ヤリス、 ウィッシュ、 カローラの一部を回収、総台数は70万台に近い。これは04年リコール制度を実施してから最大規模の回収となるという。

 回収対象は06年5月15日から08年12月31日まで産のカムリ、38万4千736台、08年5月15日から08年12月31日まで産のヤリス、2万2千767台、08年2月18日から08年12月25日まで産のウィッシュ、3万5千523台、および07年5月17日から08年12月25日まで産のカローラ、24万5千288台。

 調査報告によると、今回の回収は車部品の供給社が広州トヨタと天津トヨタに提供した部品に欠陥があったことに起因。運転手側のパワーウインドーのコントロール・モジュールに生産過程でグリースを入れられすぎたため、内部短絡ないしスイッチの発熱を引き起こし、窓が正常に昇降できなくなったという。両企業は回収対象の車に対して無償修理を行うと告知した。

(翻訳編集・張陽)


 (09/08/25 17:47)  





■関連文章
  • 【英国通信】郵便ポスト200周年の記念切手(09/08/25)
  • 産学連携で新会社設立 電気自動車産業に新たな一歩(09/08/25)
  • 研究報告=米シアトルでM9レベルの地震発生の恐れ(09/08/25)
  • 中国最高裁トップ 「司法不信任が顕在化している」(09/08/25)
  • 新型インフル感染確認、9千件を突破=香港(09/08/25)
  • 中国最高裁副長官、汚職容疑で懲戒免職(09/08/24)
  • 【ニューヨーク通信】バーベキュー・パーティーで不景気を吹き飛ばそう!(09/08/24)
  • 科学者がスーパー・ベジタブルを選定=豪州(09/08/24)
  • 赤、オレンジ、黄色のコスモス満開=浜離宮恩賜公園(09/08/24)
  • スクリーン上で試せるお化粧 新しいメークアップシステム(09/08/24)
  • 1億5千年前のイカの化石から墨袋 =英国(09/08/24)
  • 絵画を超えた強い信念の表れ:第19回真善忍国際美術展開催(09/08/24)
  • 授業中のあくび、夜間の電子機器使用とカフェインに起因(09/08/24)
  • 米国上院議員が緊急訪中、中国製石膏ボートの腐食問題のためか(09/08/23)
  • 医療改革に不安、オバマ大統領の支持率下り坂(09/08/23)