印刷版   

ニセ札「スーパーノート」、スイス製印刷機と仏製インクで製造=北朝鮮

 【大紀元日本8月28日】北朝鮮で製造されたと見られる100ドルの偽造紙幣「スーパーノート」がアメリカ国内で相次いで摘発される中、英紙「インディペンデント」が、その疑惑について報道した。

 報道によると、ある脱北者の話を引用し、スーパーノートは平壌近くの平声(ピョンソン)など3カ所の印刷工場で製造されており、工場に勤める人々は他の一般労働者より「特別待遇」を受けているという。 スーパーノートは北朝鮮政府の「39号室」と呼ばれる機関が管理し、主に平声の「62号印刷所」で製造されている。

 北朝鮮労働党中央委員会に勤めていたある脱北者は、「『62号印刷所』の労働者らは一日当たり米600gと、『家族食糧』など良質な食糧の配給を受けるなど、一般の北朝鮮労働者に比べて、はるかによい待遇を受けている」と話す。

 スーパーノートの製作に使われる印刷機はスイスの「デラルー・ジオリ(De la rue Giori)」社製のもので、主な印刷機以外の設備は日本製が多く、紙は香港から、インクはフランスから持ち込まれている。米検査官も感服するほど、それらの偽札は「そっくりで、クオリティーが高い」らしい。

 米連邦捜査局(FBI)は、2003年から2005年の間に、北朝鮮が偽札製造に関与しているとする証拠を提供し、その密輸ネットワークがあることをほのめかした。一方、北朝鮮の国営週刊誌「統一新報」は当局スポークスマンの話を引用し、「偽札について、うるさく騒いでいるが、米国はその主張を裏付ける証拠を何一つ出していない」と報道、偽札製造について北朝鮮側は認めていない。

(翻訳編集・明吉)

 (09/08/28 00:11)  





■関連文章
  • 北朝鮮の弔問団 金大中元大統領へ哀悼の意示す (09/08/22)
  • ワースト・ドレッサー賞に金正日=米誌タイム(09/08/21)
  • 「国務長官は私だ」=夫の政策を聞かれ、ヒラリー・クリントンが立腹(09/08/14)
  • 米女性記者2人ロス到着、クリントン米元大統領と共に帰国(09/08/06)
  • 米女性記者2人解放、クリントン米元大統領訪朝終了(09/08/06)
  • 北朝鮮金総書記、腎不全悪化(09/08/02)
  • 命の危険を冒しても韓流ドラマが見たい=北朝鮮(09/07/31)
  • 北朝鮮、中国から大量の軍用トラック輸入か(09/07/12)
  • 米軍事専門家:中国当局の暗躍とその二面性に対抗せよ(09/07/02)
  • 米女性記者2人、12年労働教化刑に=北朝鮮(09/06/09)
  • 2009年報道の自由アジアランキング:台湾後退で日本トップに、依然として「自由なし」の中国(09/05/09)
  • 脱北女性ワシントンで記者会見、会見場に衝撃と涙(09/05/04)
  • 北朝鮮、米国籍女性記者を裁判に(09/04/24)
  • 北朝鮮への国連制裁:中国、慎重な対応を主張(09/04/08)
  • 北朝鮮ミサイル発射:政府、国連安保理緊急会合要請(09/04/05)