印刷版   

ストーリ「ピーター・パン」の中の小精霊と極似ている

銀色の翼を持つ花園精霊=イギリス

 【大紀元日本9月19日】

 広々とした世界にはいかなる珍しいものもありうる。先日、イギリスのある婦人は自家花園でストーリ「ピーター・パン(Peter Pan)」の中の小精霊のようにきらきらと光る生物の写真を撮ったと公表した。

 55歳のフィリスさんはロンドン南部クロイドン近郊に住んでいる。当日、親戚との夕食が終わった後、自家芝生に向かっているキッチンのバックドアに立って会話しながらカメラを取ってフレーミングも通さず気軽にシャッターを押した。

 その後、写真を見たら、右上方に一匹“小型で絶妙な外形と銀色の翼を持ち、光芒を放ち、翼を広げて飛び回っている”生物がいた。彼女は驚喜し、次のように語った「外形は子供の頃読んだ童話ストーリの中の“花園精霊”と極似ている」

 フィリスさんは写真の中の精霊に興味を持ち、花園の隅々まで探していたが、見当たらず。また何カ月もかかってインターネットで外観の似ているチョウ、カトリガ、甲虫類のピクチャーを検索し、1つ合理的な説明を探し当ていたが、むだ骨を折った。彼女は「もしこの写真を広範囲に公表すると、自分の名誉に影響をもたらし、“臆測病”だと誤解される。幼い時、童話ストーリが好きだったが、その前、“精霊”に類似する生物を見たことはなかった」と述べた。

 報道によると、専門家は疑う余地もなく写真の成因をカメラの像形成、フラッシュと技術の間違いに帰結したという。彼女本人は、「これは何だか自分も知らないが、すべての人の意見を聴取し、十分に納得させる説明が提供される前に、変わらぬこの生物が精霊だと信じてる」と示した。

(翻訳編集・李頁)


 (09/09/19 05:00)  





■関連文章
  • ファンタジー:個人タクシー「金遁雲」の冒険独白(番外編3-2)(07/08/29)
  • 『お盆』~月の水を渡る時の声~(07/08/08)