印刷版   

中国ミサイル実験:米下院公聴会、近隣国への軍事威圧を懸念

 【大紀元日本1月16日】中国が12日、ミサイル迎撃実験を行ったと公表したことを受け、13日、米下院軍事委員会は、米国務、国防両省の高官参加のもとでの公聴会を開いた。公聴会では、シアー国務副次官補(東アジア・太平洋担当)が、中国当局からの事前通知がなかったことに不快感を示し、実験後、中国に対して実験の透明性と情報開示を図るよう要請した。また、グレグソン米国防次官補は公聴会で、軍事力の近代化を急速に進める中国が、「近隣国を威圧している」と指摘した。

中国外交部は12日、地上配備型の弾道ミサイル迎撃システムの実験に成功したと公表。米政府高官の間で警戒感が強まった。

 ミサイル実験の数日前、米国は台湾への地対空誘導弾パトリオット(PAC3)システムの売却を正式に決定。そのほか、台湾は米国から中古ペリー級護衛艦8基を購入する計画を発表しており、中国当局のミサイル実験は米国の台湾に対する武器輸出を牽制する狙いがある、と複数の米政府高官は指摘している。 

(翻訳編集・叶子)


 (10/01/16 07:35)  





■関連文章
  • 米、台湾に武器供給姿勢 緊張感高まる米中関係(10/01/11)
  • <江沢民起訴案件> 台湾:法律修訂 薄煕来、スペイン引渡しが可能(10/01/07)
  • 台湾国営放送局、対中国放送の時間削減 反対により撤回(09/12/26)
  • 葉緑素で発電に成功、省エネ技術大躍進=台湾(09/12/26)
  • 法輪功学習者6千人、弾圧反対の平和抗議=台湾(09/12/25)
  • アメリカの対中関係のキーポイント(09/12/24)
  • 中台窓口トップ会談に抗議 台中市10万人デモ(09/12/23)
  • 【速報】台湾東沿海外海 震度7の地震発生(09/12/20)
  • 世界初:脳波でページがめくれる!=台湾(09/12/19)
  • 元中国高官、台湾訪問中に刑事告訴される(09/12/18)
  • クリーンエネルギー開発に 中国、環境を犠牲にレアアース製造(09/12/16)
  • ノルウェー上空に現れた奇妙な光の正体は?(09/12/15)
  • 台湾行政院長:中国資本による台湾金融業への出資、認可しない(09/12/11)
  • 台湾・統一地方選:民進党復活、国民党後退 馬総統の中国政策に影響か(09/12/08)
  • <江沢民起訴案件>法律専門家:「国際法の重大突破」(09/12/06)