印刷版   

中国で処刑されたアクマル・シャイフ氏の兄弟は、シャイフ氏の遺物と共に英国に帰国し、空港で記者会見を開いた(Getty Images)

処刑された英国人の遺体確認 中国当局が拒否

 【大紀元日本1月5日】先月29日に英国人男性アクマル・シャイフ死刑囚が麻薬密輸容疑で中国の新疆・ウルムチで処刑された。イギリスから現地に駆けつけた親族は中国当局に対して遺体の検分及び葬儀の出席を求めたが、拒否された。

 英「デイリー・ポスト」紙によると、処刑後のシャイフ氏の遺体はムスリム墓地へ運ばれ、イスラム教宣教師と法廷関係者、係員が立会で簡単な葬儀が行われたという。英政府関係者は、シャイフ氏の親族は同氏の臓器が盗まれていないことを確認するために遺体の検分を求めたが、中国当局に拒否されたことを明らかにした。

 シャイフ氏の遺物と共に英国に帰国した同氏の親族は、英政府が英中貿易の妨げになることを懸念したため、シャイフ氏の救助に尽力しなかったとし、「これこそが、いかに英国が無能で軟弱な国であるかを表したものだ」と非難した。

 中国の死刑囚の数字は、その他の世界中の死刑囚の総数よりも遥かに多いが、西洋人が処刑されたことは非常に稀である。シャイフ氏の処刑を受け、ブラウン英首相は予定されていた訪中の日程を遅らせた。

(翻訳編集・余靜)


 (10/01/05 07:45)  





■関連文章
  • イギリス人、中国で処刑 精神鑑定要求中 英首相が非難声明(09/12/30)
  • 新技術、毛髪から薬物検知感度千倍増=香港(09/12/20)
  • 中国:証券業界の死刑犯 第一号、処刑へ(09/12/10)
  • <新疆7・5抗議事件>「判決は不公平」 関与者9人の死刑執行を批判=アムネスティ・インターナショナル(09/11/14)
  • 新疆7・5抗議事件 関与者9人に死刑執行(09/11/12)
  • <新疆ウルムチ抗議事件>自治区党書記の解任を促す、国内外多民族連合書簡、軍人も署名(09/09/11)
  • 新疆で取材中、警察から殴打 香港記者協会が抗議(09/09/10)
  • 【続報】漢民族抗議デモで5人死亡、4日もデモ再発=新疆ウルムチ(09/09/05)
  • 漢民族数万人デモ、治安悪化に抗議=中国新疆(09/09/04)
  • 臓器移植数世界2位 提供源に根強い疑惑=中国(09/08/30)
  • 麻薬常用30年間の米人、麻薬やめた神秘な経験(09/08/21)
  • ウルムチ大バザール再開、7・5事件後初=新疆(09/07/31)
  • 銃殺刑廃止 毒物注射処刑拡大か?=中国(09/07/30)
  • ウイグル抗議事件:海外メディア記者、中国当局の真意を読み解く(09/07/10)
  • 最新情報:武装警察部隊、ウルムチ市内に進駐(09/07/08)