印刷版   

黄河の土手で水質を調査する職員。地元住民の飲用水が懸念される(STR/AFP/Getty Images)

石油管破裂事故で黄河汚染、2億人の飲用水に影響=中国中部

 【大紀元日本1月19日】仏環境保護サイト「グリーンザー」7日の報道によると、中国中部の黄河支流で4日、石油管が破裂し、ディーゼル油が漏れだした。現在すでに40数万リットルのディーゼル油が黄河に流れ出し、汚染範囲は数100キロにわたるという。黄河の支流である渭河(いが)の汚染レベルは、かなり危険な域に達している。

 中国当局は、事故に関する情報を一旦封鎖。その後、数百人を派遣して事故の対応にあたっていると伝えた。しかし、汚染阻止の効果は得られず、河南省を含む中部地区の2億人の飲用水に影響を及ぼしている。特に、700万人が住む河南省鄭州市への飲用水確保に当局は頭を抱えている。

 
4日に起きた石油管事故で、黄河に大量のディーゼル油が漏れだした。写真は、事故後に黄河の水質調査をしている地元職員(STR/AFP/Getty Images)

河川の汚染は、中国で普遍的に見られる問題だ。世界銀行の統計によると、中国の70パーセントの河川はすでに工場が排出する化学物質により汚染されている。多くの工場は5千460キロメートルにおよぶ東部の海岸線に並び、それらが生態環境を深刻に破壊し、水資源を減少させている。

 昨年12月に行われたコペンハーゲン会議で、各国は中国に対して具体的な環境保護対策を講じるよう要求している。

(翻訳編集・坂本)


 (10/01/19 07:26)  





■関連文章
  • 強力な寒波、氷に閉ざされた中国沿岸部と河川(10/01/18)
  • 19年ぶりに見られる 大晦日の「ブルー・ムーン」(09/12/31)
  • 米国:基準を下回る飲料水、数千万人の健康に影響(09/12/19)
  • 北京市民が水を買い溜め 水道料金値上げで(09/12/18)
  • クリーンエネルギー開発に 中国、環境を犠牲にレアアース製造(09/12/16)
  • 中国東部:石炭・木材の燃焼で、発ガンリスク高まる=米科学誌(09/12/14)
  • 鉄鋼工場汚染 降り注ぐ金属粉に苦しむ村民=広東省(09/11/17)
  • ベビーカーでデモ行進 大気汚染の改善を要求=香港(09/11/13)
  • 10省で濃霧発生 各地で交通の乱れ=中国(09/11/10)
  • 中国、年間20か所の湖が消失=世界湖沼会議(09/11/06)
  • ネットユーザーが汚染地図を作成=中国(09/10/31)
  • 原始河川の魚類からも水銀汚染を検出=米研究報告(09/09/26)
  • 揚子江の女神、ヨウスコウカワイルカの絶滅(09/09/21)
  • 障害新生児が急増 環境汚染の影響か=中国(09/09/17)
  • 汚水処理問題で官民衝突、武装警察2千人が鎮圧=中国福建省(09/09/06)