THE EPOCH TIMES

【中国のことわざ】 倒履相迎

2010年06月02日 07時00分

 【大紀元日本6月2日】日本にもファンが多い三国志。蔡邕(さいよう)、王粲(おうさん)の名を知る人も多いかもしれない。二人とも当時の一流の文人である。

 蔡邕は後漢の文学者で、書家であった。彼は友達を作るのが好きで、家はいつも訪れた客でにぎわっていた。そして、彼が最も敬服していたのは詩人の王粲であった。

 ある日、王粲が蔡邕の家を訪ねた。家人がそれを伝えると、蔡邕は慌てて迎えに出たため、靴を逆に履いてしまった(倒履迎)。客たちは蔡邕のあわてぶりに誰が来たのかと注目していたが、なんと玄関先にいたのはほんの15、6歳の子供だった。蔡邕は客たちに、「自分の才能と学問は王粲に及ばず。家にある蔵書はすべて彼に贈りたい」と語ったという。

 「倒履相迎」(慌てて履物を逆に履き、客を出迎える)は、お客を心から歓迎することを意味している。

 

(翻訳編集・李頁)

 

 

 

関連キーワード
^