THE EPOCH TIMES

「真・善・忍」国際美術展 (2012年5月19日~6月10日 広島市・東広島市)

2012年05月07日 21時09分
「真・善・忍」国際美術展は2004年以来、日本をはじめ米国・イギリス・フランス・台湾など世界40数カ国で200回以上開催されました。

 本美術展は、「真・善・忍」の理念に基づく平和への願い、宇宙と生命の調和、正統文化への回帰をテーマとしています。

 作品は、恐怖や苦痛、苦しみに遭遇しても、至高の忍耐で逆境に打ち勝つ― そうした画家達の気高い精神を、伝統的で正統な写実技法を用いて、油彩や彫刻などで表現しています。

 ●ニューヨークで最多の入場者数を記録
 ●「芸術と人生の答えを見つけた」(来場者より)


 ■日時・会場

 <広島>5月19日(土)~6月1日(金)10:00-18:00
 旧日本銀行広島支店(広電宇品線「袋町」徒歩1分) 



 <東広島>6月5日(火)~10日(日) 10:00-18:00 
 東広島市民ギャラリー(フジグラン東広島2階)



 ■お問い合わせ

 082−424−1515(伊賀) 080-5042-1779(海田)

 ■入場無料

  共催:新唐人テレビ/ 大紀元時報 / 希望の声ラジオ
  後援:広島市、広島市教育委員会 / 財団法人 広島市未来都市創造財団


 真善忍美術展 公式ページ
関連キーワード
^