THE EPOCH TIMES

地球の「経脈」と超常現象

2012年11月29日 07時00分
【大紀元日本11月29日】人体には経脈があり、中に「気」(エネルギー)が流れている。漢方医学ではこれらの経脈を利用し、鍼灸、あん摩などで病気を治療する。このようなエネルギーの流れる経脈は地球にも存在し、風水術では、これを「龍脈」と呼び、西洋ではレイラインと呼ぶ。その他に「霊線」、「霊脈」、「エネルギー線」という呼び方もある。地球上に発生した多くの超常現象は、これらの「経脈」に関係しているという説がある。

 地球の「経脈」の発見

 1921年、イギリスのアマチュア考古学者アルフレッド・ワトキンス (1855~1935)は、イギリスの旧跡や聖地が明らかに一直線上に並んでいることに気づいた。これらの旧跡の年代は異なり、数千年離れたものもあった。また、記録が残っている船舶と飛行機の全失踪事件を調べると、12地区に集中していた。これらの地域は分散しておらず、等間隔に分布し、各地域を線で繋げば、ちょうど正20面体になる。これらの連接線や連接点には強いエネルギーが分布していると考えられる。

 地球の「経脈」とUFO現象

 インド・タイムズ紙11月6日の報道によると、中国とインド国境に駐留している第14軍団が過去3カ月間に100件以上の未確認飛行物体(UFO)を目撃したという。部隊の報告によれば、中国とインド国境地域の中国側に、時々黄色の不明飛行物体が地平線から昇り、空中で3~5時間ぐらい飛んでから消えていった。インド政府は、これらの不明飛行物体は中国の偵察機や衛星ではないと表明している。

 しかし現在、軍隊を含めて国防機構及び民間研究機構の研究で、いずれもこれら発光する飛行物体の正体は確認できなかった。軍隊は、移動可能の地面レーダーシステムとスペクトル分析機器を使ってこれらの正体不明の飛行物体を観測したが、肉眼で見えているのに測定することができなかった。そこで、これらの飛行物体は金属製ではないと分かったという。

 不思議なことに、これらの飛行物体が出没し、他の正体不明の飛行物体がよく観察されるところは、ちょうど地球の「経脈」の交差点に相当するという。UFO研究者は、これらの交差点に地球磁場の渦巻きと重力の異常現象が存在していると指摘する。

 (翻訳編集・中野)


関連キーワード
^