中国石油の上級管理職、パスポート没収か=国外逃亡阻止策

2013年09月12日 16時00分
【大紀元日本9月12日】8月から上層幹部の失脚が相次いだ中国最大手の石油企業・中国石油天然ガス集団(CNPC)で、上級管理職がパスポートの提出を求められたことが明らかになった。中国紙・証券日報が10日報じた。

 同報道は匿名の情報筋の話として、CNPCの処長級(部長級相当)以上の上級管理職は、パスポートの提出が命じられたと伝えた。これは、汚職調査の過程で、対象人物及び関連証人が国外逃亡することを阻止するために、よく用いられる措置だ。

 共産党当局が、CNPCの現職及び前任の上層幹部5人を、石油利権に絡む「重大な規律違反の疑い」で調査している。中には、今年3月までCNPCの会長を務め、国務院国有資産監督管理委員会(国資委)の蒋潔敏主任(閣僚級)がすでに解任されている。CNPCに対する一連の調査は「石油閥」のドンとされる前最高指導部メンバー周永康氏への囲い込みとも見られている。

 また一部の見方では、習近平指導部が、CNPC幹部の汚職問題の調査を通して、国有エネルギー関連企業に対するコントロールを強めようとする思惑があるとしている。蒋氏の失脚が決まった直後、国資委トップの張毅・党委書記が東北地方の2大油田を訪問したことも報じられている。

(翻訳編集・単馨)


関連キーワード
^