デベロッパーが夜逃げ 競売も買い手なし 中国、不動産市況悪化

2014年05月12日 12時10分
【大紀元日本5月12日】中国の不動産市況が悪化しているなか、10日、山東省青島市のデベロッパーが12億元(約200億円)の借金を抱え、夜逃げしたことが報じられた。遼寧省瀋陽市でも5カ所の土地の競売で4カ所は買い手がつかないなど、不動産バブルの崩壊が顕在化している。

 謄訊財経10日付の報道によれば、青島君利豪集団の王莉会長は4月30日から行方が分からなくなっている。同社の債務は12億元以上に上り、3つの国有銀行と複数の民間金融機関から借り入れているという。

 同社に2億元(約32億円)を融資している民間金融機関の責任者や、数十万から数百万元が未払いになっている施工業者、建築資材業者などが王会長の行方を追っていると同報道は報じた。

 同社は現在、青島市の4カ所で開発を行っているが、2カ所は工事が止まっている。同社の負債も12億元ではなく、70億元以上に上るとの情報もあるという。

 一方、遼寧省瀋陽市では5日、5カ所の土地の競売を行ったが、1カ所のみ、底値に近い金額で取引が成立した。5カ所のうち3カ所は商業用地で、2カ所は商住混合用地。合計面積はおよそ10万平方メートルだったが、競売に参加した企業は3つにとどまったという。

 謄訊財経は不動産業界の人の話として、瀋陽市の不動産供給過剰は深刻で、「値引きしても売れない」状況にあると伝えた。全国での売上が3位に入る企業も「赤字販売している」という。

 中国では5月の連休中、新築物件の成約面積が昨年の約半分に減少したなど、不動産市場の低迷が深刻化している。野村証券や米フォーブス誌は最近、中国の不動産バブルはすでに崩壊し始めているとの見方を示している。

(翻訳編集・張凛音)


関連キーワード
^