印刷版   

猫には特別な能力がある?(Tomi Tapio K/Flickr)

人の死を予知できる猫

【大紀元日本7月22日】米国ロードアイランド州プロビデンスの老人ホームに、セラピー目的で飼われているオスカーという名前のネコがいる。このネコはなんと、人間の死を予知できるという。

 今年10歳になるオスカーは、2007年から人の死を予知するようになり、現在までに100人以上の死を正確に予知している。オスカーは普段、好んで人間に近づくことは殆どなく、触られたり抱かれたりするのを嫌がる傾向にある。しかし時折、自ら入居者のベッドに上がって身体に密着し、自分を触らせたり抱かれたりする時がある。その場合、オスカーが近づいた入居者は皆、数時間後に亡くなってしまうという。

 入居者の死亡時にオスカーが部屋にいることは、ほとんどの場合問題はなかった。しかしある時、家族の要請で部屋から追い出されると、オスカーはドアの前をうろつき、抗議の鳴き声をあげた。その後オスカーは、入居者が亡くなるまでその人のそばにつき、死亡すると静かに部屋を出るようになった。

 このようなオスカーの特異な行動により、老人ホームのスタッフは新たに特別なルールを設けた。それは、オスカーが入居者のそばにいる場合は、入居者に死期が迫った可能性があるとして家族に連絡する、というものである。

 オスカーは何故、人の死を予知できるのだろうか。その理由ははっきりと分かっていないが、「細胞が死滅する時に放出されるケトン体の匂いを、オスカーが感じているのではないか」と研究者は推測している。

(翻訳編集・金谷)

 (15/07/22 07:00)  





■キーワード
死を予知    


■関連文章
  • 米女性 ネコに舐められた目が失明(15/06/03)
  • 600匹猫、救出される 食用・毛皮用に違法取引=上海(13/11/29)
  • 【フォトニュース】猫のコンテスト(13/11/25)
  • 驚異の生命力  21日間飲まず食わずで生きた子猫(12/08/03)
  • 翻訳は怖いのである(12/05/04)
  • 【ショート・エッセイ】 注文の多い「山猫軒」(10/09/26)
  • 肉食もせず、殺生もしない「修行猫」=韓国(10/07/24)
  • SUV車に隠れた子猫、192キロの旅=米国(09/12/24)
  • 北京大の人気「学術猫」、哲学芸術の授業が好き(09/10/05)
  • ピアノ演奏に夢中、子猫がネットで大人気=米国(09/09/05)
  • 世界初、コンタクトレンズを入れたネコ=英国(08/12/29)
  • 広州へ出荷される食用猫(08/12/18)
  • 猫原因不明大量死、不安の日々を過す住民=タイ(08/03/27)
  • 超~ねむい、あくびの写真(07/10/14)
  • 英医学誌=患者の死期を予知できる猫(07/07/28)