中国の義烏指数、「トランプ必勝」選挙グッズの受注はバイデンの20倍

2020年08月31日 17時39分

世界最大の日用雑貨卸売市場として有名な中国浙江省の義烏(イーウー)市はこのほど、トランプ氏の大統領選挙戦関連グッズをバイデン氏関連のものの20倍以上受注したことから、現地業者は「トランプ氏が2020年の大選に勝利する」と確信しているという。

シンガポール最大の華字紙「聯合早報」は8月30日、「義烏指数は米大統領選の秘密をバラす」と題した記事を掲載した。記事によると、米大統領選挙のたびに、義烏は候補者の旗、野球帽、Tシャツ、ゴム製ブレスレット、ラテックスマスクやその他の小物などのキャンペーンプロモーション商品の注文を受けてきた。これらの商品を扱う業者らは今年(2020年)の大選に、「トランプ氏が勝利することはほぼ確実」と口をそろえているという。

義烏に工場を持つ李さんは同紙インタビューで、何の迷いもなく「もちろん、トランプ氏が勝つだろう」と断言し、「半年以上にわたる『義烏指数』を見てきたから、このように判断した」という。

昨年末から、李さんの工場では、「Trump 2020」および「Keep America Great」(アメリカを偉大なままに)という文字が印刷された応援旗10万枚以上を販売したのに対し、同じサイズの民主党候補のバイデン氏のものは数千枚しか売れなかったという。

「注文は捏造できない」「私たちは小さな商売をやっているだけで、誰がアメリカの大統領にとってふさわしいか、わからないけれど、誰が当選するかは知っている」と付け加えた。

また別の旅行用品卸売企業の販売員である周さんも、同じ判断を下した。

周さんは「聯合早報」のインタビューに対し、「自分のいる工場では去年末から米大選の関連グッズの受注を開始し、最初のころは、すべてトランプ氏関連のもので10種類以上を生産した。ここ2カ月くらいはバイデン氏関連の受注もボチボチ入り始めたが、1種類しかないし、その数もトランプ氏の5分の1にも満たない」と答えた。

周さんはまた、海外営業チームにいる同僚は、最近トランプ関連商品の受注が相次いでいると話した。ほんの数日前にも、別の同僚が「トランプ商品の生産を早めるように」と生産関係者に催促したという。

2016年の米大統領選では、米主流メディアは圧倒的にヒラリー氏を支持し、同氏の勝利を楽観視していた。一方、義烏の中小企業は、手元にある2人の選挙関連グッズの注文状況をもとに、「トランプ氏の勝利」を予測していた。 

義烏の判断が正しいと裏付けるかのように、米メディアは、「8月21日時点で、トランプ氏の選挙運動チームが12億ドルの選挙資金を集めたのに対し、バイデン氏は6億9900万ドルの資金しか集められていない」と発表した。

今年5月末、米警官に拘束され死亡した黒人男性のフロイドさんの事件の時も、「Black Lives Matter」(黒人の命は大切だ)の文字入りマスクの注文が殺到し、義烏の卸売業者らは「デモはすぐには終わらないだろう」と判断したという。

義烏の業者は彼らの長年にわたり培ってきた「感覚」で、世界を揺さぶるこれらの政治的出来事について、正確な判断を下している。彼らの中には、米国で大統領選が行われることも、トランプ氏の名前すら知らない人もいた。

中国メディア「消費者報」も、2019年12月3日に同様の報道を行った。当時取材を受けた義烏の卸売業者らは、皆口を揃えて「トランプ氏が『また勝つ』」と語ったという。

また、別の義烏の服飾企業の経営者は「現在店にあるのはすべてトランプ氏関連のもので、売れ行きは好調で、トランプ支持者が使用する野球帽を一回で、5千個注文した顧客もいた」という。

(大紀元日本ウェブ編集部)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^