修煉の交流会

法輪功の指導者、ロサンゼルスでスピーチ

2015/10/22 19:12

 中国伝統気功法・法輪功の指導者である李洪志氏は16日、米国ロサンゼルスで、4500人あまりの学習者を前に、心身の修煉について説いた。

 李氏は毎年、米国で開かれる法輪功の大型集会に登壇する。誠実、慈悲、寛容をもとに心身を修める大切さを改めて述べた。また、中国共産党による迫害に屈せず、精進を続ける学習者の勇気を称えた。

 法輪功の情報サイト・明慧ネットによると、収容所での拷問を含む迫害で死亡したのは、身元が判明しただけでも3896人。中国問題に詳しいジャーナリストの独自調査によると、2000年から2008年まで、少なくとも6万5000人の法輪功学習者が、生きたまま臓器を奪われ、死亡した。また、一部の大陸からの学習者は「数百万人が収容されている」と推測している。

 ロサンゼルスの集会では、日本を含むアジア、ヨーロッパ、北米など世界36の国と地域から法輪功学習者が集まった。会場では、修煉を通じて会得したことを話し合う交流会が開かれた。

 修練をはじめて1年目だというカナダ人大学生・ジョーイ・ジグリオッティさんは、法輪功は「良い人になるための方法であり、私が求めていたもの」と、大紀元の取材に述べた。アレキサンダー・ニメンコさんと妻アルミナさんは、参加のために数千キロを旅したが「その価値は大いにあった」と述べた。

 「学習者は法理に基づき、正しき道を歩むことの重要性を認識した」とカナダのエドモントンからの出席者ジェイ・ブラウネイセンさんは述べた。大紀元英語版カメラマンのベンジャミン・チャスティーンさんは「会場では涙が止まらなかった。修煉をまい進させ、円満成就させたい」と気構えを語った。

 世界各地からロサンゼルスへ集まった数千人の法輪功学習者は、日中は沿岸部サンタモニカで、ブラスバンドとともにパレードを行い、夜間は中国領事館前でキャンドルをともして座禅した。弾圧による犠牲者をとむらい、迫害の停止を静かに訴えた。
 

ロサンゼルスのシティ・ホール前で座禅する法輪功学習者(Edward Dye/Epoch Times)
沿岸都市サンタモニカで17日に行われたパレード(Larry Dye/Epoch Times)
17日、サンタモニカ市民に迫害について伝える学習者(Larry Dye/Epoch Times)
16日、在ロサンゼルス中国領事館前で、キャンドルをともして、迫害の停止を訴える法輪功学習者(Benjamin Chasteen/Epoch Times) 
在ロサンゼルス中国領事館前で、キャンドルをともして、反迫害を願う法輪功学習者(Benjamin Chasteen/Epoch Times)
在ロサンゼルス中国領事館前で、キャンドルをともして、迫害を停止を訴える法輪功学習者(Benjamin Chasteen/Epoch Times) 

(翻訳編集・佐渡 道世)

関連特集

関連記事
注目記事
^