訓練中に砲弾の爆発事故 16人が死亡=北朝鮮軍

2016/02/29 14:25

 韓国の市民団体、北朝鮮民主化ネットワークが運営するインターネット新聞、デイリーNKが消息筋からの情報として報じたところによると、北朝鮮軍が1月、両江道三水郡で行っている軍事訓練中に、砲弾の爆発事故が発生し、兵士16人が死亡、32人が重傷を負った。

 毎年12月1日から翌年4月まで、北朝鮮軍は精神と体を鍛えるためとして冬季訓練を実施している。今年は陸海空の三軍以外に、予備役に属する「教導隊」や「赤衛兵」も訓練に参加したと見られている。

 現地の消息筋がデイリーNKに伝えたところによると、爆発事故は1月27日、マイナス20℃前後の過酷な天候のなかでの長時間の訓練によって兵士の疲労が極限に達していた中に起きた。病院に搬送された負傷者の多くは腕や足が吹き飛ばされたり腹部を激しく損傷するなどいずれも重傷を負っている。

 この事故の主な発生原因は武器の老朽化であると報じられている。

(翻訳編集・桜井信一)

注目記事
^