一帯一路

中国資本の長距離鉄道が開通 巨額債務かかえるケニア

2017/06/19 07:00

 中国が融資した、ケニア独立後の最大規模のインフラ事業である長距離鉄道マダラカ・エクスプレス(SGR)がこのほど、開通した。地域経済・貿易への効率化が進むと報じられるいっぽう、中国からの巨額ローンを返済するのに必要な収入は見込めないとの恐れがある。

現代版シルクロード「一帯一路」の一環

 首都ナイロビと南東部の港湾都市モンバサ間約480キロを結ぶSGRは3年半の工事を終えて、5月31日に開通した。ケニアの年間国家予算の5分の1に相当する建設資金約38億ドル(約4200億円)の約9割を中国の銀行が融資している。ケニアでは1963年にイギリスから独立して以来の最大規模のインフラ事業で、中国が進める現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」の一部。

 これまで、457キロのナイロビーモンバサ間の移動(輸送)は、飛行機かバス(9時間)、鉄道(12時間)だった。鉄道は総所要時間4時間半で、運賃はバスよりも安く、「交通の効率が良くなり、地域の経済や貿易が活性化する」と中国官製メディアは報じている。

巨額債務を抱えるケニア

中国資本の長距離鉄道が5月31日に開通、ナイロビ駅に立つ中国人車掌(TONY KARUMBAAFPGetty Images)

 いっぽうで、同鉄道は中国からのローンを返済するのに必要な収入が見込めないとの恐れがある。現地メディア「スタンダード・メディア」によると、今後、増加する借金はSGR事業単体で約1兆円、他の公共負債総額は4兆円にも達するとされ、ケニア人への負担がますます大きくなる。

 SGRが契約される前、ケニアにとって日本が最大の借款国だった。しかし、2016年には中国の融資は前年の800億円から2520憶円の3倍以上になり、現在はケニアの対外債務の総額57%を中国が占める。 

 ケニア政府はGDPの1.5%増を見込んでおり、SGR建設費を4年以内に完済できると自信を示す。しかし、ケニア経済学院のオビノ院長はAFP通信に対し、東アフリカの経済が低迷するなか、この期限での返済の可能性には懐疑的だ。

 ナイロビ大学経済学部サミュエル・ニャンデモ教授は同メディアの取材に応じ、中国のプロジェクトを「債務トラップ外交」と呼んだ。

ケニア政府の腐敗さそう中国「債務トラップ外交」

関連特集

^