THE EPOCH TIMES
中国臓器移植の闇

戦慄の「脳死マシーン」再現、中国の移植病院に潜入取材=韓国報道

2017年11月22日 19時00分

 韓国の人気番組「調査報道セブン」は11月15日、中国臓器移植の闇を取り上げた48分間の番組『殺せば生きられる』を放送した。番組によると、過去20年間で毎年約1000人、総計2万人が移植目的で韓国から中国へ渡ったという。取材チームは、中国の臓器移植病院で潜入取材を敢行し、移植を希望する韓国人の患者が、中国で移植手術を受ける様子を伝えた。

中国で最大規模の生体臓器売買が発覚 解放軍病院が関与

 テレビ朝鮮が制作したこの番組は主に、臓器強制摘出問題の調査第一人者であるカナダの人権弁護士デービッド・マタス氏、同国元官僚デービッド・キルガー氏、在英米国人調査ジャーナリストのイーサン・ガットマン氏による著書「戦慄の臓器狩り/スローター」(2016)で報告された、臓器強制摘出の疑いがもたれている中国の移植病院で、現地取材を行った。

 その結果、中国では臓器手術がいまでも医学倫理上ありえない待ち時間で行われてることがわかった。

 中国衛生部(厚生省に相当)は、これまで移植用臓器は、死刑囚や自主的な提供者からと説明してきたが、上記の報告書によると年間少なくとも6万~10万件といわれる。中国は死刑執行数を「国家機密」として公表していないが、アムネスティインターナショナルは、少なくとも1023人としている。人民日報2016年4月1日の報道によると、同年の全国人体臓器提供イベントが開かれ、ドナー登録者数は3月20日の時点で6万6000人で、臓器提供数は6614件だという。

 ドナー及び死刑囚からの臓器で移植手術を賄うには数が合わないことになる。前出の3氏の調査では、良心の囚人を含む収容者たちが、強制的に臓器を摘出されているのではないかと指摘する。

 取材チームは10月23日、韓国人含む外国人の移植希望者を受け入れていることで知られる、中国の天津第一中心医院の東方臓器移植センターを訪れた。同センターについて中国紙・影視図書週報は2006年3月、韓国人患者について「3年間で約3000人、又外国人患者も1000人以上受け入れている」と報じている。

 中国のある移植病院で働く朝鮮族の看護師によると「昨日は腎臓移植3件、肝臓移植4件だった…(移植手術まで)早ければ2〜7日、長くても1〜1.5カ月」と述べた。

「遺体焼却炉」ボイラーを備えた病院 高い煙突は撤去

 遼寧省の別の病院も訪れた。瀋陽市の蘇家屯血栓病中西医結合医療センターだ。臓器摘出後の犠牲者を焼却処分するボイラー施設があったとされるが、高い煙突は、撤去されていた。

関連記事:証人が暴露、中国秘密刑務所で生きた人から臓器摘出 

 同病院に勤めていた移植医の妻アニーさん(事務職)は、2006年、米国での大紀元主催の記者会見で、大北刑務所、馬三家教養院など刑務所から移送された法輪功学習者が、同病院で実験台となっていたと明かした。「毎日、身元の分からない学習者たちが何百人も運ばれてきた」「中国共産党は法輪功学習者に『殺しても構わぬ』という政策を実施していた」「法輪功学習者の命は何の値打ちもなく、研修医の練習台になっていた(略)病院内の仲間内では、ボイラー室は死体焼却炉と呼ばれていた」

 取材を受けた中国移植ツアー参加者である韓国人患者の多くは、医師の勧めで臓器移植を受けていた。ある患者は、医師から「移植すれば、こちらでちゃんと世話してあげるから」と話していたという。

 患者たちは帰国後、臓器移植経験者たちで、同じ悩みや感情を分かち合う定期会合チームを作った。しかし、臓器が誰のものか、どこから来たのかはいまだに知らない。

戦慄の脳死マシーン 重慶発

脳死機について語る韓国の臓器移植倫理協会長イ・スンウォン氏(テレビ朝鮮「調査報道セブン」スクリーンショット)
関連キーワード

関連特集

^