THE EPOCH TIMES

中国高速鉄道で火災、乗客らが緊急避難

2018年01月26日 10時00分

 中国上海鉄道情報サイト「上鉄資訊」によると、1月25日現地時間正午ごろ、中国沿岸部の(山東省)青島駅発ー(浙江省)杭州駅行きのG281 号列車の2号車が、安徽省定遠駅で一時停車中、突然炎上し、黒煙に包まれた。当局が、電気系統設備の故障が原因だとみて調査をしている。この火事で、車両の一部が燃えた。

 約千人の乗員乗客が、全員定遠駅の待合室に緊急避難した。当局は、けが人はいないとした。

 この影響で、25日北京-上海間高速鉄道の一部が運行中止となった。

 2月中旬、中国では旧正月を迎える。その期間中、交通機関の利用者は延べ30億人に達する見込みで、公共交通機関が大混雑する。このため、国内インターネット上では、高速鉄道の安全性に懸念を抱くネットユーザーらのコメントが寄せられた。

(翻訳編集・張哲)

関連キーワード
^