ワクチン混入の異物はステンレス片 死亡事例とは「現段階で関係なし」=共同声明

新型コロナウイルスワクチンに混入していた異物について、厚生労働省は1日、製造機器のステンレス製の破片であったと発表した。ステンレスは医療用機器にも使用されており、筋肉内に注入された場合でも医療上のリスクが増大する可能性は低いとした。また、武田薬品工業とモデルナ社は共同声明のなかで、再発防止策を講じるとともに、2人の男性の死亡事例と注射の因果関係は現時点で確認されていないと主張した。
2021/09/02

キルギス、外交官が中国製ワクチン接種後死亡との情報 当局否定

中国当局が世界80カ国に、中国製の新型コロナウイルスのワクチンを提供している。そのなかで、中国新疆ウイグル自治区に隣接するキルギスではこのほど、若い外交官は中国製ワクチンを接種後に死亡したとの情報が流れ、注目されている。
2021/04/11

人気音声アプリ「クラブハウス」中国当局がデータ利用する恐れ=スタンフォード大学研究

米スタンフォード大学の研究機関「スタンフォード・インターネット・オブザバートリー(SIO)」は12日、日本でも人気急上昇中の招待制音声アプリ「クラブハウス(Clubhouse)」に関する報告書を発表した。報告によれば、このアプリの仕組みは中国国内企業が作成しており、利用者の音声データは中国政府に利用される恐れがある。
2021/02/16

中国の高速鉄道で故障相次ぐ 「5時間閉じ込められた」

中国南部広東省と北部遼寧省では4日と5日、高速鉄道が相次いで大規模な故障が起きた。大勢の乗客が足止められ、チケットの払い戻しで混乱が続いた。
2018/03/06

中国高速鉄道で火災、乗客らが緊急避難

中国上海鉄道情報サイト「上鉄資訊」によると、1月25日現地時間正午ごろ、中国沿岸部の(山東省)青島駅発ー(浙江省)杭州駅行きのG281 号列車の2号車が、安徽省定遠駅で一時停車中、突然炎上し、黒煙に包まれた。当局が、電気系統設備の故障が原因だとみて調査をしている。この火事で、車両の一部が燃えた。
2018/01/26

「国産」中国の大型旅客機C919、去年のテストは故障で中止

中国の国産大型旅客機C919は5月5日、初のテスト飛行を行った。しかし、中国政府系メディアによると、昨年12月に行われた滑走テストでは、十数メートルを滑走した後、故障によりテストは敢行されていない。C919の安全性は疑問視されている。
2017/05/08

米海軍、IBMサーバー使用中止か 安全性に配慮

【大紀元日本5月22日】パソコン(PC)世界最大手のレノボ・グループ(聯想集団)によるIBMサーバー事業の買収後に、米海軍はセキュリティ上の配慮から一部の兵器システムにIBMサーバーの使用中止を検討し
2015/05/22

「安全性の欠如」拒絶される中国飛行機 外交トラブルも勃発 その2

【大紀元日本10月8日】安全性に欠き、事故や機体トラブルが続く中国製の飛行機は世界から拒絶されているはずだが、国営メディアは自国の航空産業に賞賛の言葉を浴びせ続ける。海外向け英語放送の中で「自社開発、
2013/10/08

「安全性の欠如」拒絶される中国飛行機 外交トラブルの要因も その1

【大紀元日本10月7日】中国の航空機メーカーは精力的に自社製品の輸出を試みているが、中国国内を含め事故やトラブルが少なくないため安全性の欠如との懸念から拒絶されている。また他国へ自国製飛行機を贈与し外
2013/10/07

「安全性に疑問、高すぎる運賃」 一等席は乗車率ゼロ=中国高速鉄道

 【大紀元日本7月9日】7月初めの週末、上海地方紙・晨報の記者が1日に開通した中国高速鉄道の乗車率について、実地調査を行った。その結果、G212(上海-天津)、G142(上海-北京)、G222(上海-
2011/07/09

元エンジニア「私は乗らない」 中国高速鉄道、疑問視される安全性

 【大紀元日本3月2日】急速に敷設が進められてきた中国の発展のシンボル、高速鉄道。しかし、最近、乗客に危惧を与えるような話がいくつも浮上しており、中国高速鉄道の安全性を疑問視する声が一段と高まっている
2011/03/02

中国製靴大量押収、使用禁止の発がん性物質検出=イタリア

 【大紀元日本9月29日】中国の有毒粉ミルク事件の収拾がつかない中、イタリアで中国製の偽ブランド革靴から使用禁止の発ガン性物質が検出され、警察当局は問題の靴を大量押収した。 香港メディアによると、イタ
2008/09/29

中国黒龍江省:大型偽造薬製造集団摘発

 【大紀元日本8月1日】中国黒龍江省警察はこのほど、近年における最大偽薬の製造販売大型集団を摘発し、容疑者15人を逮捕したと発表した。中国官製メディアの報道によると、警察側は摘発された集団から狂犬病ワ
2007/08/01

中国、北京五輪期間中食品安全を保証、国際社会の圧力か

 【大紀元日本7月13日】食品安全問題で悩まされている中国政府当局は、2008年開催される北京五輪期間中に食品の安全性を確保するため、より厳密な食品品質監督体制を設けたという。中国政府が公の場で北京五
2007/07/13

心配されるナノ技術製品の安全性

 【大紀元日本6月24日】ナノ技術製品とは、人の髪の毛の太さの千分の一(100nm)以下の大きさの微粒子を使って製造されたものである。ナノ技術の概念さえ、まだ多くの人がなじんでいない現在、実はそれを使
2006/06/24