THE EPOCH TIMES
朝鮮半島

韓国特使団の成果、国内分析わかれる「太陽の背景は宣伝利用」の警戒論も

2018年03月08日 18時00分

 北朝鮮を訪問した韓国特別使節団(特使団)は6日夜、記者会見で、金正恩・朝鮮労働党委員長らとの会談結果について発表した。韓国国内では、文在寅政権支持勢力の革新派、現政権の反対に立つ保守派、そして中道派の分析は分かれている。

 北朝鮮の非核化と南北首脳会談を開催する意思を表示したことについて高く評価した革新系から、金正恩氏が大胆な勝負師気質を持っていて、今後米国の態度を見るべきだと述べる中道系、結果の評価と共に北朝鮮メディアを通じた宣伝に特使団が利用されたとみる保守系まで、さまざまだ。

あわせて読みたい:4月に南北首脳会談 金正恩政権、条件付きで非核化の意志を明かす=韓国政府

革新系、北朝鮮の『非核化の意志を表明』を歓迎

会談後に握手する特使団長の鄭義溶(チョン・ウィヨン)氏と金正恩氏(写真/韓国大統領府)

 韓国の代表的な革新系マスコミ・ハンギョレ新聞は7日、「南北首脳会談と『北の非核化の意志を表明』を歓迎する」と題した社説を掲載。今回発表された6つの結果(別記事参照)についてそれぞれ言及し、肯定的な見通しを示した。特に金正恩・朝鮮労働党委員長の「非核化発言(体制安定の確保、先代の遺訓)に注目し、米朝対話につながる基本条件が満たされたとして高く評価した。

 また革新系日刊紙・京郷新聞は、米韓合同訓練後の4月末に南北首脳会談が予定されたことについて「朝鮮半島の危機管理のために置いた北朝鮮の布石」とし、米朝対話に対する米韓の立場は北側に理解されたと評した。

 さらに、会談の開催地を板門店・南側「平和の家」に選択した点について、「板門店は南北だけでなく、米国など国連軍司令部が管轄する地域であるため、米国も南北首脳会談を見守ることができる」と述べ、米国の信頼を得られるだろうとした。2000年、2007年度に行われた過去2回の南北会談はすべて平壌で行われた。

中道系、「金正恩氏の大胆な決定」どのような非核化かによって結果は変わる

北朝鮮が非核化の意志をどのように具体化するかにより、米国の態度は変わる。写真はトランプ米大統領(Getty Images)
関連キーワード
^