THE EPOCH TIMES

習近平の動きまで丸見え? 中国諜報当局、北京一高いビルの一部を管理

2018年05月01日 14時22分

中国国家安全部はこのほど、北京市中心部にある超高層ビル「中国尊」の最上階の3階部分を管理下に置いた。当局は同ビルの最上階から、中国最高行政機関の国務院などが入っている中南海まで見渡せるとし、国家機密の漏えいを懸念している。

主にオフィスビルとして利用される「中国尊」は中国大手企業の本社や外国企業の中国本部が集まる北京商務中心区(CBD)に位置する。同ビルは、2011年9月に着工し、今年末に完成する見通しだ。完成後、高さ528メートルで地下7階、地上108階と北京で最も高いビルとなる。総工費は240億元(約4152億円)。国有複合大手「中信集団」などが入居する予定。

中国尊は中南海まではわずか6キロ。

香港メディア・明報は、昨年8月、上棟式後に行われた検査で、最上階から中南海内の建物まで見渡せることが発覚した、と情報筋の話として報じた。なかに存在を明かされていない建物が含まれている。天候の良い場合、肉眼でも中南海が見える。軍用双眼鏡を使用すれば、中南海敷地内の動きをすべて把握することができるという。

このため、中国国家安全当局が最上階の3階部分の106階~108階を管理下に置いたほか、最上階の展望エリアに入る観光客に対して、セキュリティーチェックを行い、望遠鏡や双眼鏡の持ち込みを禁止する措置を取るという。

報道によると、「中国尊」の近くにある、高さが300メートルを超える高層ビルの最上階からは中南海敷地内は見えない。このため、「中国尊」は設計当初から、こういった考慮がなされていなかったという。

北京市当局は、今後CBDの域内で建設されるビルの高さを180メートル以下に規制するとみられる。
 

(翻訳編集・張哲)

^