THE EPOCH TIMES

アフリカ豚コレラ、中国で初めて発生 47頭死亡

2018年08月03日 23時52分

日本の農林水産省によると8月3日、中国遼寧省瀋陽市にある養豚場で、アフリカ豚コレラによる発生が確認された。これまで東ヨーロッパなどで発生例が報告されていたが、中国では今回が初めて。

農水省によると、瀋陽市瀋北新区の1件の養豚場で飼養する383頭中、47頭がアフリカ豚コレラにより死亡したという。発生原因は明確にされていない。

瀋北新区政府の通知や新華社の報道によると、この養豚場で1日までに大量死した豚を中国動物衛生流行病学センターが検疫したところ、3日に豚コレラであると判明した。同政府は消毒と防疫処理が終わるまで入域できないよう、周辺道路の封鎖令を出した。

ソーシャルサイトには、豚コレラの発生が確認されたとみられる養豚場を映した動画が出回っている。動画によると、周辺は立ち入り禁止となっており、防疫服を着た作業員が消毒作業を行う様子が映っている。

アフリカ豚コレラは、豚やイノシシにとって致死性の高いウイルス性伝染病で、ダニによる媒介か直接接触で感染する。東ヨーロッパでは継続的に発生していることから、人や物の移動、野生動物を介した蔓延が危惧されている。

ロシア、ポーランド、ハンガリーなどに発生例が報告されており、日本の近隣国では2016年に韓国北部と南部の済州島でそれぞれ1件発生した。

農水省は家畜伝染病予防措置として7月、夏季休業期間における畜産業従事者の海外渡航の自粛、飼養場の衛生管理基準の順守と防疫対策を通知した。

また、近年は中国や韓国など東アジアを中心に訪日外国人観光客が増加していることから、口蹄疫や豚コレラなど家畜伝染病の感染リスクが高まっているとし、農水省は生産者や各自治体、関連組織に対して防疫対策の徹底するよう通知している。

(編集・甲斐天海)

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^