「共産党がなければ…」、横浜脱党500万人パレード

2005年10月04日 06時33分
 【大紀元日本10月4日】「全世界500万人の中共離脱に声援を」の集会とパレードが10月1日、横浜で海外民間ボランティア組織「中共脱退支援センター横浜支部」、「中共脱退大連盟(日本)、「大紀元時報」、「民主中国陣線日本支部」及び「中国民主運動海外連席会議日本支部」の共同主催により行われ、在日華人と日本人有志ら約100人が参加した。これは「大紀元時報」が提案した、「共産党がなければ、新しい中国がある」のスローガンの下で開催された関連イベントの一環であり、中共の建国日は実は中華民族にとって「亡国の日」だということが、今回特に強調された。

 正午、集会は横浜大通り公園で開始した。「中共脱退大連盟(日本)」の代表佐藤國男氏は、中共は執政以来の50数年間約八千万人もの無実な人々を殺し、10月1日は中華民族の「亡国の日」と決めたのは理に適っていると指摘し、来年この日が祝日から外されるように希望すると発言した。その後、中華街の外囲を一周する形でパレードが進行し、「脱党支援」などを呼びかける日本語と中国語の叫び声が交互に響き、多くの通行人の足を止めた。







(横浜=記者・洪一夫)

関連キーワード

関連特集

^